Mother's Day

もう悩まない母の日ギフトの選び方!貰って嬉しい人気のフラワーギフトからさほど嬉しくないものランキング

フラワーギフトは定番?
実際にプレゼントしたら嬉しいもの、嬉しくないものって何?
母の日が近づくと子供の頭を悩ませるのが「母の日のプレゼント」。

この記事では筆者が実際に毎年母の日にプレゼントをしてきた経験から、「母親目線のリアルなランキング」をお届けいたします。
定番のフラワーギフトから、一般的には嬉しいと言われていてもプレゼントしたら困らせてしまったものなど、ランキングと合わせて“女心”を解説していますので、是非今年のプレゼントの参考にして頂けたら嬉しいです。

お母さんがもらって本当に嬉しいものランキング

  1. フラワーギフト
  2. エステ・旅行
  3. 外食
  4. 菓子
  5. コスメ

第1位 フラワーギフト

やはり1番はフラワーギフトです。
ただ、フラワーギフトも年々進化を遂げているので、母の日=カーネーションの時代ではありません。
ここではフラワーギフトの中でも特におすすめのものをいくつかご紹介します。

1つ目は、「プリザーブドフラワー」です。
すでにご存じの方も多いと思いますが、プリザーブドフラワーの作り方や特徴をご存じの方は意外と少ないのではないでしょうか。
プリザーブドフラワーは「preserved=保存された」という意味で、麻紐でくくって水分を取り除くドライフラワーと違って、グリセリンを含んだ特殊な溶液に生花を浸して作ります。

湿度の低いヨーロッパでは10年ほど持ちますが、日本は湿度が高いため保存に少し気を配る必要はありますが、それでも5~10年鮮やかな色を楽しむことができます。
また、花粉などは加工の段階で取り除かれるため、病気のお母さんにも安心してプレゼントすることができ、水やりの必要もないためギフトとして非常に優れています。

「母の日」暑すぎて生花は怖いなと思うならプリザーブドフラワーです

2つ目のおすすめは「バラ100本」です。
バラは女性がもらって嬉しいフラワーギフトTOP3に入る花であり、100本は1度はやってみたいと思う方も多いはず。
バラを100本ももらっても困るでしょう?と心配される方もいるかもしれませんが、実はそこに特別感があります。

仕事柄、よくご依頼をお受けするのですが、あるお客様のお母様はもらったバラのいくつかをお風呂に入れて、バラ風呂を楽しんでいました。
また、数本ずつ花束にしてご近所の友人に配ったそうで、「子供がくれたのよ~」と自慢していたそうです。

ここがポイントです
離れて暮らしていてもお母様が友人にバラを配ることで、お母様はお子様のことを誇らしく思えますし、ご友人にもバラをプレゼントできるので幸せが広がります。お母さんだけではなく、周りの人にも幸せのおすそ分けができるバラ100本プレゼントはとてもおすすめです。
注意
ネットショッピングでバラ100本1万円以下の商品を見かけますが、あまりに安い安価なバラはおススメできません。完全に「安かろう悪かろう」の商品の可能性が高いです。あくまで個人的な考えですが、それなりのものを贈るなら1本最低でも300円程度のバラを選んだ方が長い期間綺麗に鑑賞することは出来ると思います。
バラの花言葉は「愛」!世界中で最も愛されている花を贈る時の単価と選び方と管理方法

第2位 エステ・旅行など「想い出」や「体験」のプレゼント

お母さんもいつも元気なわけではありません。
日頃、自分の見えないところで忙しく動いてくれているお母さん。
そんなお母さんには人込みが苦手な方も意外と多いものです。
母の日くらい静かなところで、ゆっくりと落ち着いた時間を過ごしたいもの。

エステや旅行は形に残らず、それなりにお金がかかるので“もったいない”と感じる人もいるかもしれません。
ですが、お母さんは母の日に何かをもらうことだけが嬉しいのではなく、“子供との繋がりを感じられること”に喜びを感じます。

「こんなプレゼントをしてくれる子供を育てたんだなぁ」
「自分ではこんな贅沢しなかったなぁ」
そういう想い出のプレゼントはいかがでしょうか。

第3位 外食

エステ・旅行と同じでその場限りのものですが、お母さんは辛抱強い方が多いです。
自分は贅沢しなくても、子供や夫には少しでもいいものをと考えて過ごしてくれています。
そんなお母さんには、ちょっと高いレストランでコース料理をご馳走すると喜ばれます。

また、そこまで高額ではなくても中々会えないお子さんの場合は、一緒に外食に行くのも想い出になるのでおすすめです。
年を重ねて外出がつらい場合は、美味しいものをお取り寄せしてあげましょう。

第4位 お茶やちょっと工夫が光る創作和菓子

お茶や紅茶などを日頃からよく飲まれているお母さんには、ちょっといいお茶のセットや創作和菓子がおすすめです。
和菓子は生ものなので日持ちしませんが、最近の冷凍技術は優れているので、自然解凍で食べられる「少しお高い変わり種和菓子」が沢山売られています。

個人的におすすめなのは、昭和8年創業の老舗「共楽堂」です。
高知県産のスイーツトマト「乙女の涙」を1粒まるごと求肥で包んだ『ひとつぶの乙女の涙』をはじめ、季節限定の果物を使った和菓子や変わり種商品が目白押しです。

参考 ひとつぶの乙女の涙12個入(常温便)共楽堂

第5位 コスメ

女性はいくつになっても綺麗でいたいもの。
エステもいいですが、コスメをプレゼントするのもおすすめです。
ただし、お母さんにも好みがあるので、どんなコスメでもいいわけではありません。
チークやアイシャドウ、口紅など種類が多くても困らないものがプレゼントに適しています。

最近では、各ブランドが容器にも非常に凝っているので、見ているだけでも楽しめる素敵なアイテムをお店の方と選んでみてはいかがでしょうか。

母の日ギフトの定番!花鉢カーネーションの基本的な選び方のポイント

母の日にプレゼントしても「嬉しくない」と言われてしまったものランキング

  1. 胡蝶蘭
  2. ほかの人とかぶってしまったプレゼント
  3. サプライズ
  4. 現金
  5. カタログギフト

第1位 胡蝶蘭

女性の欲しいフラワーギフトランキングでもTOP3に入る胡蝶蘭ではありますが、育てるのが難しい花No.1でもあります。
その優美な姿は交配によって生まれたもので、原種は熱帯雨林などにみられます。

メンテナンスに手間がかかる胡蝶蘭ですが、最近では比較的長持ちさせやすい品種も多く出ています。
胡蝶蘭を贈られる際は、お母様が花のお世話をできる状況か、またお花屋さんにお手入れ方法などを聞いておくとよいでしょう。

母の日のフラワーギフトなら幸せを運ぶ清楚で可憐な胡蝶蘭を贈りたい カーネーションは卒業!今年の母の日はミディー胡蝶蘭を贈ってみよう

第2位 ほかの人とかぶってしまったプレゼント

多くの女性は「欲しいものが決まって」います。
お母さんもその時々で欲しいものがあり、おねだりできる母の日を楽しみにしている人も多いです。
そうしたお母さんは、事前に周りに「これが欲しい」と伝えているため、せっかく思い切って買ったものがかぶってしまったらがっかりですよね。

第3位  サプライズ

男性の多くが考えているほど、女性はサプライズを期待してはいません。
ニュアンスが少し難しいかもしれませんが、何気ない日常会話で「あれ可愛いよね」「自分では買えないけどいいなぁ」といった言葉を覚えておいて、こっそり買っておくのは効果的です。

ですが、車に乗ろうとした時に「トランク見て」と言われて、のぞいたら高価なプレゼントが!といったサプライズは、女性受けしません。
この2つの違いは「お母さんの意志」です。先ほども触れましたが女性は欲しいものが決まっており、それをプレゼントしてほしい人にそれとなくサインを出しています。

第4位  現金

サプライズがダメで、本人が欲しいものが決まっているなら現金が一番!そう考えるのは早計です。
バラ100本でもお分かり頂けた通り、お母さんは「1つの記念日」「子供との想い出」込みで母の日を楽しみにしています。
どうしても金銭がいいと思う場合は、お母さんがよく使うお店で使える金券などがいいでしょう。

第5位  カタログギフト

最近は様々なカタログギフトが出ており、一定金額を出せば多様なジャンルの商品があるので、どれか1つは当たるだろうとカタログギフトを贈る方もいるかもしれません。
私がカタログギフトをお勧めしない理由は2つあります。

まず1つが、「価値に差がある」ということです。
カタログギフトを取り扱うショップにも当然利益が必要なので、実際に支払った金額以上の商品もあれば、それ以下の商品もあります。
どうせ同じ金額を出すならそれに見合ったものを贈られたほうがいいということです。

2点目が、「悩みすぎる」点です。
女性は1つの高価なものより、沢山の種類が欲しいという心理をもっています。
女性用のランチメニューの種類が豊富なのもそういった心理をついたものです。
カタログギフトは基本的に1つしか選べないので、あれも欲しかったとなってしまうと、かえって残念な気持ちになります。

まとめ

母の日と言えばお花というのは定番ですが、失敗したものを見てみると、お母さんによっては嬉しいものもあるということがお分かり頂けたと思います。
そういった意味では、母の日も誕生日などと同じで、「日頃からお母さんをどれだけ観察しているか」「どれだけ想っているか」が、お母さんの心を掴むプレゼントを選ぶカギになります。

この記事が、離れて暮らすお母さんにも、いつも側で支えてくれるお母さんにも、最適なプレゼント選びの一助となれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です