ネットショップを始めよう「サクネット」

還暦祝いの贈り物はもう迷わない!とっておきのフラワーギフトを紹介

大切な人を想って選んだ贈り物は、多くの人々を笑顔にしてきました。
さまざまな贈り物がある中で、最も多く贈られるものといえば花ではないでしょうか。
フラワーギフトと呼ばれる花の贈り物は、さまざまなシーンに似合う万能アイテムでもあるのです。
そんなシーンの中でも還暦祝いにぴったりのフラワーギフトとはどのようなものなのでしょうか。

還暦祝いにおすすめのフラワーギフト

花を贈りたくなるシーンのひとつに、還暦祝いがあります。

還暦とは
生まれた年を1歳として数える数え年で、61歳のこと。60通りの干支十干十二支が一巡し生まれた時に戻るとされ、赤ちゃんの産着を連想させる赤いものを身に着けお祝いすることなどといわれています。

還暦祝いをする相手には両親や祖父、親せきなどをはじめとした家族から、会社の上司やお世話になった恩師まで幅広く挙げられます。
そのため還暦祝いにふさわしいフラワーギフトを選ぶ必要なありますね。

赤いバラ

還暦祝いで身に着ける赤いものを連想させる真っ赤なバラは、祝い花としても人気です。
赤いバラは「愛情」を表す花言葉を持っているためぴったりですね。
還暦に合わせ60本のバラを贈る人もいるようです。

バラの花言葉は「愛」!世界中で最も愛されている花を贈る時の単価と選び方と管理方法

存在感抜群のダリア

大きく気品があり存在感抜群のダリアも還暦祝いにぴったりの祝い花です。
とにかくゴージャスなため、贈られた人も思わず目を奪われてしまうでしょう。
ダリアには数種類の色があり、色によって花言葉が違います。
赤は華麗、黄色は優美、白は感謝の花言葉が付けられているため、還暦祝いに送るなら白を選ぶと無難です。

祝い花の定番胡蝶蘭

多くのお祝い事に贈られる祝い花の定番といえば胡蝶蘭ではないでしょうか。
その気品あふれる佇まいは、上品で高貴なイメージを感じさせます。
蘭系の花鉢は生花に比べて花持ちが良いことが特徴で、特に胡蝶蘭の花持ちは抜群に長いです。
また胡蝶蘭は縁起がいい花としても有名で、「幸福が飛んでくる」という花言葉を持っているため、贈られる人への愛情を表すにはぴったりの花です。

花言葉「幸せが飛んでくる」胡蝶蘭はお祝いからお悔みまで用途問わず様々なシーンで対応可能なキングオブフラワーギフトです! 繊細な花だけど鑑賞期間は抜群に長い!胡蝶蘭の基本的な育て方のいろは

かわいいフォルムが人気のラナンキュラス

丸くてころころとしたフォルムがかわいらしく人気のラナンキュラスも還暦祝いに似合う祝い花です。
可憐でキュートなその外観は、人と同じような花をプレゼントしたくない、少し差をつけたいという人にもいいですね。
ブライダルにも頻繁に使われる花なので縁起もいいので安心して贈ることができます。
花言葉で選ぶなら「幸福」という花言葉を持つ紫が良いかも知れません。

できれば避けたいNGフラワーギフトとは

贈り物の定番である花ですが、中には避けた方が無難なものもあります。どのようなものなのでしょうか。

菊などの仏花をイメージさせるもの

菊は日本においては、決して縁起の悪いものではありません。
ですが、仏壇に供える花としてのイメージが強い花でもあるため、還暦祝いという祝いの場に贈る場合は、避けた方が無難であると考えます。

赤や白一色の胡蝶蘭

胡蝶蘭は還暦祝いにぴったりの花として挙げられることが多い花です。

ただし一方で「赤い胡蝶蘭は火事や赤字などをイメージさせ、真っ白な胡蝶蘭は葬儀をイメージさせるものとして捉えられることが多い」といわれる場合もあります。

しかしこの様な考えからは極々一部の人の考えですので、全く気にすることはないと思います。
かえって赤系の胡蝶蘭はおめでたいイメージの方が強いです。

あろき

これで言ったら赤いバラなど赤い花など贈れないということになってしまうのでこんなものは気にする必要はありませんね。
コンパクトサイズでも花持ちはビックサイズ!ミディ胡蝶蘭が選ばれる理由

黄色や白のバラ

バラの花も還暦祝いにおすすめの花として人気ですが、黄色や白のバラの花言葉にあまりいい意味がなく、避けた方がいいとされています。
バラの花を贈りたい場合は、還暦祝いの定番色である赤を選ぶといいですね。

あろき

「還暦=赤いバラ」といイメージを持つ人は多いですが、基本的には贈られる人の好きな色のお花を贈ることが一番良いと思います。

不吉な意味や老いを感じさせるもの

真っ黒な花などは不吉さをイメージさせ、持ちが悪い花は老いを感じさせます。そのような花は選ばない方がいいですね。

還暦祝いのフラワーギフトその相場は?

還暦祝いのためのフラワーギフトの相場は贈りたい人との関係性によって多少変化します。

両親や祖父母などの家族・・・10000~20000円
友人や知人・・・5000~10000円以内
上司や仕事上の関係者・・・3000~30000円程度
ビジネスの場合はその関係性で大きく変わってくると思います。

外せないビジネスシーンで贈るならインパクトのあるワンランク上の胡蝶蘭を選びたい

最近の人気はブリザードフラワー

近年ではフラワーギフトの種類も充実しており、生花にこだわる人も減少してきました。
人気のフラワーギフトのひとつがブリザードフラワーです。

ブリザードフラワーとは
生花の一番綺麗な時に、お花の中の水分を抜き、代わりに特殊な着色液を吸わせ、それをしっかり乾燥させて作られます。この特殊な着色液のおかげで、生花には無い色を楽しめたり、生花と同じような質感、瑞々しさを長時間保つことが出来るお花です。

ドライフラワーと同じではないかと勘違いする人も多いようですが、ドライフラワーは花の水分を抜くために花を枯らしています。

その保管可能期間は5~10年ほどと言われており、贈られた人からの愛情をいつまでも手元に置いておくことができるのがメリットです.

プリザーブドフラワーを綺麗に長持ちさせるための3つのコツ!

まとめ

一般に赤いお花を贈ると良いとされていますが、基本的には貰う方の好みに合わせてお花をチョイスするのが良いと思います。
また個人的には蘭系、特に胡蝶蘭はお手入れも比較的簡単で長期間鑑賞できますので特におススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です