ネットショップを始めよう「サクネット」

ビジネスシーンでフラワーギフトに胡蝶蘭が選ばれる7つの理由!

ビジネスの場で、取引先等にお花を贈る機会は意外と多いもの。
そういう時に定番とされているお花が、胡蝶蘭。
でも、どうして胡蝶蘭が定番なのかご存知でしょうか。

お祝い事には華やかなお花はつきものです。その中でもひときわ華やかで豪華という点では胡蝶蘭の右に出るものはいないのではないでしょうか。

ビジネスシーンの贈り物なら断然胡蝶蘭がおススメです。

フラワーギフト初心者が就任祝いや昇進祝で贈るなら胡蝶蘭が断然おすすめ

胡蝶蘭がビジネスの場でのフラワーギフトとして選ばれる7つの理由

きちんと理由を理解した上で贈ると、細かやな気遣いや配慮もしやすいもの。
ビジネスマナーの一環として、是非チェックしてみてください!

お花の香りが控えめだから

胡蝶蘭と他のお花とを比べた時、香りが控えめなことに気づくと思います。
そのため、取引先がどんな業種・業態であっても受け入れられやすいのがポイント。

オフィスやお店の環境に影響されずに置けますし、貰う側も受け取りやすいということに繋がります。

また、花粉が少ないのも大事な点。
あまり香りが強かったり花粉が多かったりする場合、そこでずっと働く方々には迷惑となってしまう可能性もありますよね。
これらの意味でも、胡蝶蘭が最適とされている理由が分かります。

縁起のいい花言葉だから

胡蝶蘭の花言葉は、「幸福が飛んでくる」です。
商売繁盛を願うビジネスの場において、縁起のいい花言葉であることはとても重要。
開店祝いや周年記念など、おめでたい場にもぴったりです。

またビジネスシーンではなかなか直接届けられず、ネットショップを利用して贈る事も多いと思います。
その時に「今後の更なるご活躍をお祈りします」などの気持ちをメッセージカードに添えて贈るとより効果的です。

花言葉「幸せが飛んでくる」胡蝶蘭はお祝いからお悔みまで用途問わず様々なシーンで対応可能なキングオブフラワーギフトです!

長く楽しめるから

胡蝶蘭の寿命は1~2ヶ月程度。
※管理が良ければ3カ月以上鑑賞できるものもあります。

他のお花と比べても、圧倒的に長持ちするのが人気の理由の1つ。
切り花など早くて1週間程度で枯れてしまうことある中で、これだけ長持ちしてくれるのは貴重ですよね。

ほとんどが鉢植えの状態で贈られるため花瓶の用意も必要とせず、届いたら包装を解いて置くだけでOK。

「根付く」という意味が込められている鉢植えであれば、胡蝶蘭の花言葉と合わせて二重の意味で縁起がよくなるでしょう。
手入れに取る手間も比較的少ないので、あまり先方の手を煩わせることもありません。

繊細な花だけど鑑賞期間は抜群に長い!胡蝶蘭の基本的な育て方のいろは

見た目が華やかで目立つから

新規開店や改装開店などをしているお店が、入り口や軒先に胡蝶蘭を飾っている姿を見たことがある人は多いのではないでしょうか。

胡蝶蘭はその名が表す通り、蝶が舞うような華やか且つ品のある見た目が特徴。
大きくて肉厚な花びらは、自信に満ち溢れているような力強さを感じさせてくれるでしょう。
店頭に飾って人目を惹いてくれるので、道行く人へのアピールにもなり、一石二鳥。

オフィス入り口に置いておくことで来客をもてなすこともできるので、様々な業界で贈られている理由が分かりますね。

季節を選ばず贈れるから

胡蝶蘭は、カーネーションやひまわり等と異なり、季節のイメージが定着していないお花とも言えるでしょう。
安定した品質で1年中生産されているので、季節を問わず選ぶことが可能。
いわゆる「旬」がなく、どの季節でも美しく贈ることができるようになっています。

MEMO
「旬」がないと書きましたが、これは温室いわいるハウスで管理開花させて1年中流通があると言う意味です。通常なら初夏から夏あたりが旬になります。

急にフラワーギフトを贈らなければいけないとなった事態でも注文がしやすく、贈る側が安心、というのも理由の1つです。

ボリュームチェンジがしやすいから

同じ胡蝶蘭でも、金額によりボリューム感は様々。

友人知人の開店祝い等の場合は1万円~、重要な取引先や社長就任のお祝い等の場合は5万円~、など金額の相場も幅広く存在します。

更には、3本立て、5本立て、7本立て…と変更することも可能。
7周年のお祝いに7本立て、といった気の効いたこともしやすいですね。
予算や先方との間柄に応じて臨機応変にボリュームチェンジできるのも、胡蝶蘭の魅力の1つです。

注意
胡蝶蘭は、一株づつ合わせて大き目の鉢に入れて商品を完成させるので本数などはある程度自由が効きます。
コンパクトサイズでも花持ちはビックサイズ!ミディ胡蝶蘭が選ばれる理由

立て札をつけやすいから

ビジネスの場でお祝いの品を贈る場合、熨斗をつけて誰からの贈り物かはっきり記入することが多いもの。

フラワーギフトの場合は立て札をつけることが一般的ですが、胡蝶蘭にはこの立て札がつけやすいのも特徴です。
花びら1つ1つが大きいので、立て札をつけたときにお花が見た目負けしないでいてくれるという点でもぴったり。

贈られた側も立て札ごと飾ってくることが多く、こちらの社名をアピールするのにも効果的ですね。

選ばれる7つの理由 : まとめ

これだけたくさんの理由があると、ビジネスの場でのフラワーギフトに胡蝶蘭が選ばれるのにも納得です。

“ビジネスの定番”と呼ばれる胡蝶蘭だからこそ、選ばれる理由や贈る時のマナーについて見直しておくといいかもしれません。
もし可能なら、メッセージカードやメール・手紙などで声をかけておくのもいいでしょう。

先方をお祝いする気持ちをしっかりを込めて贈ることができれば、今後双方にとってよりよい関係性を築くためのきっかけになるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です