母の日に胡蝶蘭を贈るなら、日ごろの感謝を込めて「ありがとう」のメッセージを添えて贈ろう!

胡蝶蘭と言えば、上品な雰囲気や花言葉の意味などからお祝いの日に良く用いられる花として有名ですね。

特にビジネス上の繋がりの相手に贈るフラワーギフトとして知られていますが、最近はそればかりではありません。
母の日に贈るお花としても胡蝶蘭は重宝されているのです。

母の日のフラワーギフトなら幸せを運ぶ清楚で可憐な胡蝶蘭を贈りたい

母の日に贈る胡蝶蘭はピンクがおすすめ!

母の日と言えばカーネーションを贈るのが定番なのですが、あえて胡蝶蘭を選ぶことでゴージャスさや特別感を演出することもできるので、最近では選ぶ人も増えています。

胡蝶蘭はその上品さから室内の装飾としての人気も高いので、母の日という特別な日にそんな豪華な花を贈ってみるのも良いでしょう。
この時、選ぶ胡蝶蘭の色はズバリ、ピンク色をおすすめします。その理由は胡蝶蘭の花言葉にあります。

胡蝶蘭の花言葉は「清純」、「幸福が飛んでくる」ですが、花の色によってさらに意味があります。
ピンク色の胡蝶蘭の花言葉は「あなたを愛しています」
母の日に「あなたを愛しています」という意味を込めてピンクの胡蝶蘭を贈ったら、お母様もさぞ喜ぶことでしょう!

マザーズデーギフトに人気のおしゃれな花たちは、花言葉も素敵なものが多い

母の日に贈る胡蝶蘭はミディサイズが良い?

ひとえに胡蝶蘭と言っても実はいろんな品種があることをご存じですか?
多くの人は胡蝶蘭と聞くと「大輪胡蝶蘭」という品種を思い浮かべることでしょう。

こちらはお店でもよく見かける品種で、大振りな花びらは高級感があり、フラワーギフトとしてもよく用いられる品種だからですね。

オフィスやお店など公的な場所や接客などが必要な場所ではとても良いのですが、一般的な家庭ではインテリア的に持て余してしまうこともあると思います。

その時にちょうど良いのが、ミディサイズの胡蝶蘭ですね!

ミディ系の胡蝶蘭は大輪胡蝶蘭より2回りほど小さくした品種です。
大きさから身内や親しい相手に気軽に贈ることが出来るので、母の日の贈り物としても人気があるそうですね。

ミディ系の胡蝶蘭には、ミディ胡蝶蘭アマビリス、ミディ胡蝶蘭ハルガスミ、ミディ胡蝶蘭イエローマジック・オセロといった種類があるので、贈る相手の好みなども考慮してチョイスするとなお良いでしょう。

コンパクトサイズでも花持ちはビックサイズ!ミディ胡蝶蘭が選ばれる理由

母の日に贈る胡蝶蘭にメッセージカードを添えよう!

母の日に上品で綺麗な胡蝶蘭を贈るのなら、特別なメッセージカードも添えたほうが良いですね。
日頃の感謝や普段伝えられない想いを込めたメッセージカードが添えられていたら、受け取るお母様の喜びも倍増間違いなしです。

せっかく胡蝶蘭を贈るのですから、立て札にメッセージを記載するのも良いですし、ハガキサイズのメッセージカードを添えても良いですね。
もちろん両方付けたらなお良し!

立て札は無料で付けてくれるフラワーショップも多いですし、立て札があれば高級感も増すので、付けない理由はないですね。

メッセージカードの内容はどんな内容が良い?

日頃の感謝や特別な想いを書きとめると言っても、具体的にどう書けば良いかイメージが沸かない方もいらっしゃると思います。

簡単なメッセージで良ければ、以下のような感じです。

  • お母さん、いつもありがとう。
  • Happy Mother’s Day!!
  • 母の日、日頃の感謝を込めてお花を贈ります。

などの内容なら、きっとお母様も大変喜んで下さることでしょう!

またビジネス上の相手ではないので、言葉遣いやマナーはあまり気にせず多少ラフな感じでも良いでしょう。
もっと気の利いたことや凝った内容が良ければ、母の日を祝う目的から逸脱しない範囲で伝えたいことを書き綴ると良いですね。
母の日はお母様に喜んでもらう日ですから、それを忘れないように心掛けましょう。

他に気を付けることは?

お母様と言うと基本的に実母を思い浮かべると思いますが、結婚した人なら配偶者のお母様も義母になるので、母の日にプレゼントを贈る相手となります。

その場合、実母と義母、両方にフラワーギフトやプレゼントを贈ることになると思いますが、基本的にはどちらも母であることに変わりはないので、同じように考えて良いでしょう。

ただ、それぞれの好みや家の事情などに合う胡蝶蘭のチョイスが必要ですね。
この手間を惜しむとせっかくのフラワーギフトも嫌な思い出になりかねないので、要注意ですね!

また、メッセージカードを添える時も注意が必要です。
実母なら、先ほどお伝えしたようにラフな感じで感謝の気持ちをそのまま書けば良いのですが、義母相手にはそうはいきません。
同じように感謝の気持ちを込めるのは良いですが、丁寧な言葉遣いになるよう、でも堅苦しくなりすぎないよう心掛けましょう。

母の日の胡蝶蘭フラワーギフトの相場は?

母の日に贈る胡蝶蘭は会社やお店に贈る場合よりやや単価が安めでも構いません。
3,000円~20,000円程度が相場です。
実母なら高くて10,000円でも十分誠意を伝えることはできるでしょう。
もちろん奮発して20,000円ほどの胡蝶蘭でも良いですね。

義母に贈るものなら、家計の財布に厳しくなければ20,000円ほどのもので十分豪華なフラワーギフトになります。
厳しい場合は、出せる金額の範囲で選ぶのが良いでしょう。

ビジネスシーンの開店祝いに胡蝶蘭が選ばれる7つの理由!

まとめ

以上、母の日に贈る胡蝶蘭について簡単に紹介しました。

花言葉「幸せが飛んでくる」胡蝶蘭はお祝いからお悔みまで用途問わず様々なシーンで対応可能なキングオブフラワーギフトです!

年に1度の母の日。
たまには胡蝶蘭のフラワーギフトを贈って、お母様に日頃の感謝と愛を伝えてみるのも良いかも知れませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です