あまりブランド志向はないけれど、いい歳なのでそれなりのビジネスシューズを探してみる

日頃はスニーカーででひょこひょこと忙しなく歩いている訳ですが、たまには足元ぐらいビッとしなくてはということで新たしいシューズ(革靴)を買うことにしました。

フォーマルではなく日常的に履く靴なので予算は30000円程度、あまりスタイリッシュで派手なデザインのものは好まないのでデザイン的には落ち着きのある品を選びたい。

量販店でコスト低めの靴でもと考えたけど、さすがにもうある程度の年齢になってきたのであまり安っぽい品も抵抗があるので、今回はそれなりの物を購入したと考えています。

予算30,000円程度です。

設定価格が「それなり」のものに入るかは疑問ですが、今回はこんな感じです。
いい歳になるおっさんが「予算30,000円」はちょっと悲しいが、個人的にはあまりブランド志向はないのでこの位が妥当でしょうΣヾ( ̄0 ̄;ノ

こだわりはないと言いましたが、本音は「Crockett&Jones(クロケットジョーンズ)」あたりが欲しいです。
しかし悲しいかな今の懐事情ではちょいとその金額は厳しいので今回はパスです。
もう少しシルバーグレーの紳士に成れたら考えましょう。何時になるやら(›´ω`‹ )

「あまりブランド志向はない」とか言っておきながら、生意気にもバリバリのブランド好きのようなw(゚o゚)w オオー!

「お洒落は足元から」なんてよく言われますが、高額な靴やブランド品の靴がすべからくいいわけではなくいつもメンテナンスが行き届いた清潔なものを履きこなしたいですね。

全身ブランド物で着飾っても靴がヨタヨタのではカッコ悪いでしょう( -д-)ノ

スコッチグレイン 「ストレートチップ」

今回チョイスしたのが「スコッチグレイン」です。

スコッチグレイン

ヒロカワ製靴が運営する本格革靴ブランド。
Made in Japan という品質のコンセプトの元、日本の靴職人が日本人の足に合う木型を使い、グッドイヤーウェルト製法を採用して履き心地にこだわる一方、匠靴と称されながらもコスパに優れたビジネスシューズを提案する。
またアフターケアーも万全で、スコッチグレイン専用の匠ジャパンで修理・メンテナンスを請け負います。
「出典」スコッチグレイン オフィシャルサイト

購入したのが、「スコッチグレイン」のストレートチップです。

爪先部分に横線が一本入っているタイプで、冠婚葬祭にも使われることの多い革靴です。
光沢とシンプルなデザインは、フォーマルな装いにも、ややカジュアルにも履きこなせる、飽きの来ない応用範囲の広い一足に仕上がっています。

正直、個人的には「スコッチグレイン」て量販店で扱う安物のイメージでしたが、履いてみるとこれがなかなか良いフィット感があるそうです。
コスパ的には少々オーバーですが許容範囲ということで…..うぅぅーーー。

お手入れ/メンテナンス

良い靴は長く履けますが、コンディションを保つにはメンテナンスは欠かせません。
靴は正しく、こまめにお手入れする事がとても大切です。
雨の日対策なども含めて、きめ細やかなケアーは、驚くほど靴を長持ちさせます。

下記はスコッチグレイン (SCOTCH GRAIN)のお手入れ/メンテナンスのハウツーサイトですので参考にして下さい。

「参考」メンテナンス

修理

愛着のある靴だからずっと履き続けたい方には修理も可能です。

修理の依頼

スコッチグレイン専門修理工場「匠ジャパン」が修理(グッドイヤーウェルテッド製法)を受け付けています。
直接預ける事で、流通・物流コスト等が削減出来ます。また、直営店ならびに全国の製品取扱店でも修理を受け付けてくれます。

修理依頼
匠ジャパン」は郵送での修理受付も行っております。
郵送する場合修理依頼書も一緒に送ると何かと便利です。
「こちらから」 修理依頼書ダウンロード

修理の費用

靴の状態によっても費用は異なりますので、おおよその金額を前もって価格一覧にて確認下さい。

あとがき

30,000円台の革靴ならコスパ的にも「スコッチグレイン」はかなりおススメできますね。
グレードの高いブランドはまだまだ沢山ありますし金額何てそれこそ青天井です。
なのでしっかり予算を決めて用途にあったより高品質の物を選ぶ事が肝要です。

今回当初の予算をちょっとオーバーしてしまいましたが、まずまず良い買い物が出来たのではないでしょうか。

“良し”としましょう(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です