フラワーギフト初心者が就任祝いや昇進祝で贈るなら胡蝶蘭が断然おすすめ

ビジネスにおける定番のフラワーギフトと言えば胡蝶蘭です。
品があり値段も手ごろなので就任祝いや昇進、栄転祝いに贈る花で迷うのなら、胡蝶蘭を選べばまず間違いはありません。

あろき

さすがに食べるものや衣服なんて持って行く人はなかなかいないと思いますが、2~3万程度でこれほど華やかで喜ばれる商品は胡蝶蘭の他にはないのではないでしょうか?花貰って嫌がる人はそうそういないのですからね。

今回は、就任祝いや昇進、栄転祝いで胡蝶蘭が喜ばれる理由や贈る際のマナーについて簡単に紹介したいと思います。

胡蝶蘭のフラワーギフトが喜ばれる理由

最大の理由は見た目が華やかで品ということです。

花びらが両側に広がるように咲き、中心部の花茎がその優美さを際立たせる胡蝶蘭はその名の通り、美しい胡蝶が何頭も集まって宙を舞っているかのように見えるラン科の花です。
華やかで上品な印象を与えるため、会社やお店に置く花として適切と言えるでしょう。

外せないビジネスシーンで贈るならインパクトのあるワンランク上の胡蝶蘭を選びたい

花言葉「清純」「幸福が飛んでくる」

胡蝶蘭の花言葉は「清純」「幸福が飛んでくる」ですが、その色によっていろんな花言葉を持ちます。

フラワーギフトとしてよく用いられるのは白の胡蝶蘭の花言葉は「純粋」です。
就任や昇進、栄転など新たな門出を祝福する言葉として、これ以上ない祝いの言葉ではないでしょうか。

また、ビジネスにおける清廉潔白さや信頼なども伝えることが出来るので、会社にとって好まれる花でもあります。

リーズナブルな値段で手間も掛からない

就任、昇進や栄転祝いに贈る胡蝶蘭の相場は平均10,000円から30,000円程度なので、手ごろの値段で品のあるフラワーギフトなら、胡蝶蘭一択と言っても過言ではないでしょう。
また、胡蝶蘭は香りが少なく、花粉もほとんど飛ばない上に簡単に手入れするだけで長持ちするので、室内装飾品としても好まれます。

※贈る金額はお付き合いの程度で変動することがあります。

ネットで胡蝶蘭を買う場合、少々値段は高くても信用のおける店舗を選ぶことが大事

フラワーギフトを贈るにもマナーがある?

贈るタイミングにも配慮が必要です。

めでたいことなら早く贈ったほうがいい、お祝いの贈り物だからいつでもいいのでは?など、中にはそう考える方もおられます。
贈るタイミングを意識せず贈ったからと言って相手側から文句を言われることはないと思いますが、適切なタイミングに贈ったほうが受け取る側も感動が増すことでしょう。

特に、就任・昇進・栄転となれば、事前に内示があってしばらく経ってから正式決定、告知されることが多いです。
内示の段階でそのことを知ったとしても先走らず、正式決定或いは就任して1週間以内を目安に贈るのが無難でしょう。

正式決定後に贈ったとしても失礼には当たらないので心配ありません。
この時、届け日に大安、友引、先勝などの日が選べるのなら、その日を指定して贈れるよう手配するとなお良いでしょう。

注意
特にビジネスシーンだと大安、友引、先勝、仏滅など気にする人はかなり多いので贈る際は慎重に日時を選んだ方が無難です。

祝うタイミングを逃してしまったら?

そもそも知った時点で、お祝いするには遅すぎる・・・ということもあるかも知れません。
そんな時は、表書きに”祈御発展”と記入して贈りましょう。

MEMO
堅苦しく感じる場合は、素直に「遅くなり申し訳ありません」と一言付け加えて贈っても問題ないと思います。

立札やメッセージカードを添える

就任や昇進、栄転などのビジネスシーンでフラワーギフトを贈る際は、立札をつけるのが一般的です。

内容としては、贈り主が誰か一目で分かるよう「お祝いの文言と贈り主名」の形で贈るのが最も多いです。
届け先が会社や自宅の場合は、贈り先の名前は省略されることが多いので、記入しなくてもマナー違反ではありません。

立札は高級な木札が一番良いでしょう。

フラワーギフトを扱うお店によっては無料でサービスしているところもあるので、注文の際にお店に確認してみると良いでしょう。

また、相手によってはメッセージカードを添えることもできます。
メッセージカードは立札より自由度が高く、お手紙感覚で記入することが出来ます。
サイズは名刺サイズ、ハガキサイズが一般的ですね。
但し、メッセージカードを添える相手が目上の人の場合は、言葉遣いやお手紙と同じように「宛名・差出人」など、最低限のマナーは必要です。

注意
ある意味花より立札の方が大事かも知れません。特にビジネスでの利用の際は贈り主が一目でわかる程度の立札等を付けてお贈りしましょう。

奇数の本数が縁起が良い

日本では昔から奇数が良いとされてきました。
奇数は”割れない数”だからですね。
特に祝い事や大事な場面では言霊を重要視する人もいます。
そのため、めでたい場面では縁起の悪い言葉を避ける傾向が強いのですが、偶数の”割れる”というのはまさにそれに該当するので、フラワーギフトなら奇数の本数を選ぶのが人もいます。

気になる場合は3本立てや5本立てをチョイスするとベストですね。

MEMO
さすがに4本立ちというのはあまり市場でも見かけませんが、2本、6本が、10本立ち程度なら普通にありますので、あまり過度に気にする必要はないかと思います。

事前にスペースの確認をしよう

いくら管理がしやすくても胡蝶蘭の鉢植えはそれなりの大きさがありますので、置くためのスペースが必要です。

不適切なサイズの胡蝶蘭を贈ってしまっては、せっかくのお祝いも台無しになってしまいかねないので、事前に必ず先方にスペースの確認をしておきましょう。
もし、鉢植えの胡蝶蘭を置ける場所がない場合は、受付の上や棚などにおけるサイズを贈ると良いですね。

コンパクトサイズでも花持ちはビックサイズ!ミディ胡蝶蘭が選ばれる理由

基本何色でも良いけど赤一色はNG説もある

縁起の良い胡蝶蘭でも、赤一色の胡蝶蘭はNGという方もいます。理由は赤字や火事など不吉なことを連想させるからということです。

しかし個人的にはこれらはあまり気にする必要はないと思います。
赤系の胡蝶蘭は華やかで縁起がいいので反対に贈り物には最適です。

あろき

厳密には真っ赤という色の胡蝶蘭はなく濃いピンク色になります。

まとめ: これほど華やかで喜ばれる商品は胡蝶蘭の他にない

以上、胡蝶蘭のフラワーギフトを贈る際のマナーについて簡単に紹介しました。
他にも気を付けることはあると思いますが、最低限この程度気を配っていれば、先方に喜ばれる胡蝶蘭のフラワーギフトが贈れるのではないでしょうか。

花言葉「幸せが飛んでくる」胡蝶蘭はお祝いからお悔みまで用途問わず様々なシーンで対応可能なキングオブフラワーギフトです!

めでたい日に最適なフラワーギフトで喜びを分かち合えば、益々豊かな関係を築けることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です