花の寿命は短いが、少しでも長く花を観賞したいならキーワードは「清潔」

プレゼントで頂いたり、お花屋さんでブーケを作ってもらったり…お花がお部屋の中にあると、それだけで空気が瑞々しく雰囲気が華やいで見えますね。

なおさらお気に入りのお花なら長く飾っておきたいと思うのは当たり前の感情です。今回は、切り花を長持ちさせるコツを、いくつか紹介していきたいと思います。

お気に入りのお花(切り花)を長持ちさせるコツ

結論から言えば毎日複数回水替えをしてその際お花の切り口も毎回切戻して、花瓶の中も常に清潔にすることでお花(切り花)は長持ちします。

あろき

ただこんなサイクルで毎日続けるのは非常に難しいので、出来る範囲で実行して見て下さい。
「夏季の基本管理」手間を惜しまず管理することで断然長持ちします

鮮度保持剤を洗い流します

ラッピングをほどいたらまずは、お花の茎をやさしく洗って、鮮度保持剤を洗い流しましょう。

お花屋さんによっては、店頭のお花をなるべく長くきれいな状態に保つため、鮮度保持剤を使っている場合があるからです。洗い流すときに、茎やお花を傷つけないように、やさしく取り扱いましょう。

余分な葉っぱを取り除きます

葉っぱが付いている量が多ければ多いほど、それだけ水を必要とし、お花まで水分が十分に行き渡らないこともあります。茎の途中の小さな葉っぱや、多すぎる葉っぱは丁寧に取り除きましょう。

目安は、花瓶の水につかる部分で水に葉っぱが浸かっていると、花瓶内に雑菌が繁殖しやすくなるので、要注意です。既に枯れてしまっている葉っぱも取り除くのをお忘れなく。

水切りをしてお花が水を吸い上げるお手伝いをします

水切りとは、水中で茎を切り、お花が新鮮な水を吸い上げられるようにすることです。お花がしおれてきてしまう原因は、水分不足から来ています。新鮮なお水をグンと吸い上げれば、お花は再び元気を取り戻します。

水切りは、出来ればバケツか洗面器などを用意し、水中で行います。茎を切る際は切り口を斜めに切ると、断面が広くなり、水を吸い込む量が増えます。ポイントは、一気にスパッと切ることで断面から茎の中に気泡が入ることを防ぎ、水を一気に吸い上げることが出来ます。

水切りに使うはさみにも気配りを

水切りに使うハサミの切れ味が悪いと、切り口の断面がつぶれてしまい、十分に水を吸い上げることが出来なくなります。切れ味の良い、出来れば園芸用の花ばさみを使うとよいでしょう。

持っていない場合、切れ味の良いカッターなどでも代用できます。また、切り口から雑菌が入ることを防ぐため、水切りする前に中性洗剤でハサミを洗うことをお勧めします。

毎日水を取り替えます

花瓶の水は、毎日綺麗なものと取り換えましょう。その際、花瓶の中を中性洗剤で綺麗に洗い、よくすすいで清潔を保ちます。お花の茎にぬめりを感じる時は、茎もお水でやさしく洗いぬめりを取ります。

花瓶も清潔に

お花を生ける花瓶も、中性洗剤で洗った清潔なものを使います。また、花瓶の中に入れる水の量は、多過ぎても良くありません。バラなどの茎がしっかりとしたものは多めに、ガーベラなど茎が柔らかいお花は、やや少なめに水を調節するとよいでしょう。

花瓶の中」ここを清潔にすることを忘れてしまう人が多いのでここは要チェックです。

あろき

ガーベラは切り口部分が水につかる程度で十分です。

お花屋さんなどで手に入る鮮度保持剤は、お花に栄養が行くので、元気に長持ちさせることが出来ます。最近では、ブーケにシート型の鮮度保持剤が付いていることも多くなりましたね。

鮮度保持剤を使用すると、花瓶の中がべたつくことがあるので、その場合は水を取り替える時に良く洗ってください。

お花を飾る場所に注意

お花を飾る場所にも気配りが必要です。お花屋さんに入ると、ひんやりと涼しいですよね。お花は涼しい風通し良いところで管理することがベストです。

直射日光に当たらない、高温多湿でない場所に飾ると長持ちします。ただしリビングなどに飾る場合は、エアコンの風が直接当たる所を避けてあげてくださいね。

あろき

エアコンの風「直」は厳禁です。

お花がしおれてボリュームが無くなってきた…そんな時には?

気配りをしていても、だんだんお花はしおれてくるもの。

ボリュームが無くなってくると、大きな花瓶では寂しくなってきますね。また、水切りを繰り返すと、茎も短くなってきます。そんな時には、思い切って短めに水切りをして、小さなコップや花瓶に移し替えてみましょう。

思い切って短めに水切りをすることで、お花がまた水を吸い上げることがあります。小さなコップに移すと、ボリュームがあったころの華やかさとは違う、可愛らしい感じの雰囲気になるので、また違ったイメージを楽しむことも出来ますね。

まとめ

お花を長く楽しむコツ
① しっかり水切りをして水を吸い上げる
② 清潔を保つ
③ 風通しの良い涼しい場所に飾る
※種類にもよりますが切り花は手をかけてあげれば夏期は1週間程度、冬期は2週間程度持ちます。

せっかくの綺麗なお花なので、綺麗に咲き切るまでなるべく長く楽しみたいですよね。長持ちの秘訣は手間を惜します常に清潔にメンテナンスしてやることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です