愚痴ってしまうけどお金を出し渋る人ほど無理難題を言う傾向にあるな

めちゃイケって終わってしまう(終わってしまった)んですね。最初の頃は見ていた記憶はあるけど最近はほとんど見た事がないので関心は薄いですが、もうかなりマンネリ感ありありなのでここいらが潮時でしょうね。

ということでめちゃイケ流れで、めちゃめちゃ愚痴というか終始愚痴のエントリーです。

ネットショッピングにおける顔の見えない取引に愚痴りながら日々修行

価値観の相違

金銭的な価値観の相違もあるし買う方と売る方の価値観の相違もあるけれど、基本的になにか物を買う時にお金を出し渋る人は物の価値(ウチで言えば花)や相場が分かっていない人が多いように感じています。

 

あろき

まぁ、日ごろから花なんかを贈る事にこなれた人なら相場や価値も分かっているだろうが、花を贈りものに使ったことがない人に相場や価値を分かれと言っても無理かもしれませんね。

そうそう花を贈る機会なんてないですからね。

 

そんな訳で兎にも角にも今回は僕の主観で書き進めます。

花にお金を掛けるということに抵抗がある

基本的にギフト利用で贈る時の相場は2000円から3000円、出して5000円位が主流でしょう。10000円や20000円の高額な注文もなくはないですが、こと我が地域に限って言えば個人利用のギフトではそうそうお目にかかれない金額です。都市部と田舎の違いもあるのかも知れませんが、花にお金を掛けるということに抵抗がある人が結構いるように感じています。

花は庭先に咲いているもので買うものではないという考えの人が意外といるんですよね。

 

あろき

「長く咲いても半月程度の切り花に余計なお金が掛けられない」間違ってはいないけど「咲いて散る」これも花を観賞する時の醍醐味だと思うのだが、そんなゆとりというか余裕はないのかなぁ。

とは言えよそ様の金銭事情にまで口を挟む事は出来ませんが(^^;

 

お金を出し渋る人ほど無理難題が多い

3000円ら5000円程度出してくれる方はそうそう無理難題は言われません。仮に言われたとしても金額的にそれなりの融通はきかせられます。

しかし500円とか1000円内の予算の人に限って「それ無理だろう?」というような無理難題を言ってくる人がいます。

良く言われる要望
  • とにかく大きく豪華に!
  • すべて花材指定!
  • ラッピングも豪華に!

とにかく大きく豪華に!

これが一番良く言われる要望なのですが、500円~1000円程度でどうやれと言われるのでしょうか?ましてや500円(税込)でどれほどのものが出来るのかこちらが伺いたいくらいです。

この金額で「豪華」のフレーズはNGなわけで、金額なりにしかできません。

あと、せめて税別くらいにはしてほしいですね。

すべて花材指定!

もしもし、選んで頂いた花の総額が予算を大幅に超えていますが、予算はアップして頂けるのですか?そもそも1種類くらいなら指定して頂いても良いですが、すべて指定ってまず有りえないでしょう。

ラッピングも豪華に!

もう笑ってスルーするしかないのですが、この金額でその過剰ラッピングを望むのは反則行為です。ラッピング代で足が出ますよ。

口には出せませんが「自分でやれ」と内心思ってしまいます。

企業努力などではカバーしきれないものばかり

正直お帰り願って頂きたいくらいなのですが、さすがに商売なのでそんな過激な事は言えないところが辛いところです。

しかしここまで言われると馬鹿にされているようで気分は良くありませんね。

「お客様は神様です」こんなフレーズはこの様な人たちには当てはまらないと断言しておきます。

上手な注文方法

予算がない時の上手な注文方法としては、用途だけ話してあとは花屋さんに「おまかせ」したほうが良いです。どうしてもこの花だけは入れてほしいというものがあれば、それだけ伝えてあとは「おまかせ」した方が出来上がりは良いと思います。

しかし500円とか1000円程度の予算の場合、過度の期待はしない方が無難です。

それでも良心的な花屋さんならそれなり?のものは作ってくれるはずです。(たぶん(^^;)

あとがき

こんな無理難題を言ってくるお客さんは極々稀ですが、現実問題としてこんな感じの事を平気で言ってくる人もいるんですよね。まぁ、商売だから割り切って話は伺いますが、出来ないものは出来ないとはっきりと言わしてもらおう。

あぁ、また愚痴りました。

終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA