選挙に当選!取引先なら関係向上のためにもお花を贈っておこう

あまり選挙などに関わりを持つ方ではないのですが、それでもまれに仕事関係やプライベートで友人が選挙等に立候補するなんてことがあります。

個人的には選挙に出ようなんて気持ちはさらさら持ち合わせていないし(資質もない)選挙に出る人の気持ちも分かりませんが、仮に知り合いが立候補して当選でもしようものなら知らん顔も出来ないですからね。
ましてやその当選された方が取引先関係の人であったら尚更無視できませんね。

今回は選挙当選祝いとして贈るお花(特に胡蝶蘭)やそのマナーについて簡単に紹介したいと思います!

MEMO
お花は厳しい法則で取り締まられている選挙においても、安心して贈れますので重宝します。

当選祝いには胡蝶蘭がおすすめ!

取引先の人や知人が選挙に当選したらお祝いをしたいですね。
しかし、選挙は不正・腐敗を阻止する目的で様々な法令が定められており、金銭や物品の授受に関しても細かい取り決めがあります。

万一違反した場合は、当選の取り消しや逮捕など大変なことになることもあるので、贈り物は慎重に、お花程度が無難です。

あろき

お祝いに現金を持って行っても、ほとんどの人は受け取らないでしょう。というか持って行く人もそうそういないでしょう(笑

そこでおススメなのが胡蝶蘭です。
以降は何故胡蝶蘭がおすすめなのかを簡単に説明します。

縁起が良い

胡蝶蘭は鉢に根を張る植物なので「根付く」という意味を持ち、花言葉は「清純」「幸福が飛んでくる」です。

政治家のイメージとしてこれほどピッタリなお花はないでしょう。

胡蝶蘭の華やかな上品さと胡蝶蘭の持つ花言葉は、当選祝いに限らず、選挙全般においても重宝される理由となっています。
※「根付く」とは地域に根付くと言う意味合いです。

人気を表すバロメーターになる

政治家に人気の胡蝶蘭は選挙の定番贈呈品なので、それ自体が当選者本人の人気を表すとも言われています。

胡蝶蘭のフラワーギフトが多ければ多いほど、当選者の人脈の広さや人望の高さを表すことにも繋がるので、胡蝶蘭の贈り物は当選者が最も喜ぶフラワーギフトの一つです。

選挙法違反のリスクがない

前述で言及した通り、フラワーギフトは公職選挙法違反のリスクがない贈り物です。

金銭はもちろん禁止されていますが、物品でも酒類などはリスクになるケースがあるので、物品を贈る場合も慎重に選ばなければなりません。

そういう意味では、フラワーギフトは安心です。
お花が嫌いな人は少ないと思いますので、胡蝶蘭のフラワーギフトをチョイスすればまず間違いはありません。

但し、フラワーギフトの贈呈品でも個人として贈る場合に限ります。何故なら贈呈品に関しては以下のように法律で定められているからです。

  • 個人から政治家個人に贈る場合:金銭等は不可、物品等は可 (年間150万円まで)
  • 個人から政治団体に贈る場合:金銭等は不可、物品等は可(年間2,000万円まで)
  • 法人等から政治家個人に贈る場合:一切不可
  • 法人等から政治団体に贈る場合:金銭、物品等両方可(資本金に応じて年間750万~1億円まで)

今回紹介している当選祝いは、あくまで個人から政治家個人または、当選した政治家が所属する団体に贈る場合を指しますので、フラワーギフトは全く問題ないと言えるでしょう。

花持ちが良く、管理に手間が掛からない

胡蝶蘭は通常1ヶ月から3ヶ月程度以上(管理は必要です)花が咲いており、花粉が少なく匂いもほとんどしません。
また管理においても手間がかからないため、事務所のインテリアとしても好まれます。

次は胡蝶蘭を贈る際の注意事項やマナーについて説明したいと思います。

フラワーギフトに胡蝶蘭を選ぶ際のマナーとは?

当選祝いとして胡蝶蘭を贈る時は、特にマナーに気を付ける必要があります。
胡蝶蘭なら何でも良いというわけではないので、次の注意事項を踏まえてフラワーギフトを贈りましょう。

贈るタイミングは遅くも1週間以内!

選挙当選祝いとして贈るのなら贈るタイミングは大事です。
「当選確実(当確)」ではなく正式に当選が決定したことを知らせる「当選発表」が出てから、1週間以内に届くよう手配しましょう。

あろき

基本的には、翌日に届けたいですね。

品種や色に拘る

選挙当選祝いとして贈るなら品種は大輪胡蝶蘭が一番良いです。
前述にもありますが、政治家にとって胡蝶蘭の贈呈品は人気を表すバロメーターにもなるので、大きいほうが見栄えもよく、目立ちやすいからです。

色は花言葉の意味からも白か紅白が定番です。白の胡蝶蘭の花言葉「純粋」
政治家のイメージとして好ましい言葉ですね。

また、本数は3本立てか5本立てで贈るのが良いでしょう。

その場合、相場は10,000円~50,000円程度なのですが、政治家への贈り物は制約も多いのでフラワーギフトなら少し高めのものを贈ると良いかも知れませんね。

あろき

50,000円はちょっと高額過ぎますかね?世間相場なら20,000円から30,000円程度でしょう。

立て札やラッピングも注意!

ある意味これが1番大事ですので、たとえ有料であっても必ず付けてもらいましょう。

あろき

まぁ大体無料で付けてくれると思いますけど。

当選祝いへのフラワーギフトなら立て札は欠かせませんね。
無料で付けてもらえるフラワーショップも多いので、立て札は必ず付けて贈りましょう。

沢山のフラワーギフトの一つとして並ばれるとせっかくの贈り物が目立ちにくいので、木札に「表書き」、「贈り主名」、「贈り先名」を大きく記載して贈りましょう。

贈呈品なので贈る際はラッピングも忘れずに

但し、ラッピングの色はピンクやオレンジ、レッドなど明るく活気あるものにしましょう。
金色などは派手ではありますが、お金を連想させるので選挙当選祝いには避ける方もいるので注意が必要です。

あろき

色々注意書きを書いてきましたが、基本的にお花屋んはプロですので概要だけ話してあとは「おまかせ」で問題ないです。

贈り物まとめ

以上、選挙当選祝いに贈るフラワーギフトについて簡単にまとめて紹介しました。
選挙絡みの贈り物は特に気を付けなければいけませんが、お花は他の贈呈品に比べてリスクがなく見た目も華やかで綺麗ですので、当選祝いなどのお祝いには迷わずフラワーギフトを活用して見て下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です