僕のブログの作り方

日本特有のバレンタイン文化に挑む世界基準のフラワーバレンタイン!

フラワーバレンタインなる言葉をご存知だろうか?

知らない人のほうが多いと思いますが、要は「バレンタインに花を贈りましょう」というものです。

日本では2月14日のバレンタインには女性から男性へチョコレートなどを贈るのが一般的ですが、欧米その他の国では男性から女性へ花などを贈るのが一般的なバレンタインです。

フラワーバレンタイン


公式サイト フラワーバレンタイン

お菓子業界の戦略がズバリ当たって「バレンタイン=チョコレート」なるイメージが定着した訳ですが、数年前からお菓子業界の独占は許さぬとばかりにフラワー業界が2匹目のドジョウを狙って新たに立ち上げたプロジェクトがフラワーバレンタインです。

しかし、一度定着したブランドイメージを変えるのは容易ではなく、フラワーバレンタインの認知度はまだまだというのが現状です。

チョコレートの牙城は遥かに強固なのでそれにとって代わるのはなかなか至難の業です。

そもそもフラワーバレンタインって何?

「フラワーバレンタイン」は2月14日のバレンタインデーに、男性から女性へ花を贈る文化を社会に浸透させるための業界統一キャンペーンです。

出典 ⼀般社団法人 花の国日本協議会

欧米などに習いバレンタインデーには「男性から女性へ花を贈ろう」のスローガンの元立ち上げられたプロジェクトという訳です。

MEMO
欧米などでのバレンタインの意味合いは、「男女問わず日ごろの感謝と愛をこめて素直な気持ちを伝えあう日」という感じです。

プレゼントには、どんな花が合うのだろう?

一番は差し上げる方の好きな花という事になるのだろうと思うのですが、定番で言えば「バラ」でしょうか。ブライダルシーンでも、もっとも使われる花ですね。

その中でも定番中の定番は「赤いバラ」という事になります。

花言葉もフラワーバレンタインの贈り物にはピッタリで「あなたを愛してます」「愛情」「情熱」などです。

本数にも意味合いがある

本数別の意味
  • 1本「一目ぼれ」
  • 2本「この世界は二人だけ」
  • 3本「愛しています」
  • 4本「死ぬまで気持ちは変わらない」
  • 5本「親愛なるあなたに出会えた事が最大の喜び」
  • 6本「あなたに夢中」
  • 7本「ひそかな愛」
  • 8本「あなたの優しさ、励ましに感謝します」
  • 9本「いつもあなたを想っています」
  • 10本「あなたは全てが完璧」
  • 99本「永遠の愛」
  • 100本「完璧な愛」
  • 999本「何度生まれ変わっても貴方を愛する」

1本540円のバラなら「999×540=539,460円」

現実的に999本贈る人はいないでしょうが、贈る機会がれば本数の意味合いなんかも参考にプレゼントしてみるのも効果的かも知れません。

あとがき

ちなみに近年はバレンタインでお花を贈る人が年々増加傾向にあるような事を都市部の花屋んに聞いた事があるのですが、現時点でウチのような田舎で「バレンタインに女性に花を贈る」なんてそんな奇特な方は残念ながら皆無に等しいです( ・᷄д・᷅ )

あろき

都市伝説か?と思いたくなるくらいまだまだ田舎の方には届いていないな。。

このプロジェクトが少しでも広まれば良いなとは思いますが、誰もが知るようなイベントになるには、なかなか時間がかかりそうです。

おわりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA