ネットショップを始めよう「サクネット」

誕生日に花を贈って家庭円満!?妻が喜ぶフラワーギフトとは?

女性にとって花をプレゼントされるのは、とても嬉しいものです。

小さい女の子が花を使ってままごとをしているのをよく見かけますね。
もしかすると女性が花を愛でるのは本能なのかもしれません。

夫が妻に「プレゼントに何がいい?」と尋ねると、「現金!宝石!」と茶化して答えたとしても、夫からのフラワーギフトは心ときめくものなのです。

今回は、夫が妻の誕生日プレゼントとして贈るおすすめフラワーギフトを探っていきましょう。

女性にとって花とは?

女性は可愛くて美しい物が好きですね。
若い女性が何でも「可愛い~」と感じるのは、女性特有の感性が働くからで、男性には決して理解できないものでしょう。

そして香りにも敏感でアロマや香水の香りに癒されるのも、女性だからだと言えます。

彼女への花のプレゼントでダントツなのがバラの花束だそうです。
男性からするとバラなら間違いないだろうという気持ちがあるからで、ある意味それは正解です。

何故ならバラの花言葉は『愛・愛情』で、それプラスバラには華やかさがあるからです。
たとえ1輪であっても女性には効果的なプレゼントになります。

まして彼女の誕生日に年齢の本数分を贈れば、彼女の最高の笑顔が見られるかもしれません。

夫が妻にプレゼントを贈る時のポイント

1.妻の好きな物を把握する

ずっと連れ添っていても、案外相手の好みが分からないことってあります。
好きな食べ物は分かっても、今相手が何に興味を持っているのかを知るのは難しいです。
もう空気のような存在になっていて、夫や妻には無関心だという夫婦もあるようですが、普段の会話や好んで観ている番組などからも発見することができます。

2.妻を女性として意識してみる

これは夫を男性としてみるというのにも繋がりますが、相手を異性として見ることで見えてくるものがあります。
おしゃれをして外出する妻を「美しい」と思う時もあるでしょうし、仕事に没頭している夫を「頼もしい」と思える時もある筈です。
そんな新鮮な気持ちになって、プレゼント選びをするのもいいですね。

妻の誕生日に贈るおすすめの花とは?

散々悩んだ末、結局選んだのは花束ということもあります。
けれど妻には嬉しいプレゼントであって、花の魅力は絶大なのです。

よく幅広い年齢層の女性にアンケートを取って、貰って嬉しいお花をランキングしていますね。
好みによって違いが出てきますが、多くの女性に支持されているお花ってあるのでしょうか?
ちょっとおすすめのお花を紹介しますね。

チューリップ

学校のお庭に咲いている定番の花というイメージがあって、とてもキュートで可愛いです。
ピンクや白、赤などがありますから、妻の好みの色を選んであげましょう。

チューリップは鉢植えを贈るより花束にする方が豪華です。
珍しい色合いのパープルやブルーを贈るのも良いですね。

バラ

先に紹介させて頂いたように、バラは最もプレゼントされる割合が大きい花の代表格です。
気品があって見た目も豪華で、イベントを盛り上げてくれる効果もあります。

赤いバラの花言葉は『愛情・あなたを愛しています』という意味合いです。

男性がフラワーショップでバラの花束を購入するのは、少し照れ臭いかもしれません。
それは彼女か妻にプレゼントするのが丸わかりだからでしょう。

定番中の定番であっても、バラをプレゼントされると、女性はとてもハッピーな気持ちになるのは確かです。

マーガレット

マーガレットは素朴で派手さはありませんが、名前の響きが可愛いですね。
カスミソウなどを加えてアレンジした花束にしても良いですし、鉢植えなら花を楽しんだ後、庭に地植えすると年中可愛い花を咲かせてくれます。

ありふれた花のイメージですが、案外女性には人気があって好まれています。

定番の白の花言葉は『秘めた愛、信頼』という意味になります。
妻への気持ちを表した最適なフラワーギフトになるでしょう。

カスミソウ

カスミソウはメインのイメージが余りありませんが、カスミソウを好きな女性は案外多いのですよ。

花言葉は『無垢の愛・清らかな心・親切』という意味合いです。

小ぶりの花なのに集まることでふんわり感が出て、アレンジする花と上手く調和します。
カスミソウだけの花束も可愛いですが、春先などはスイトピーやバラなどと組み合わせてカラーを出すのも良いでしょう。

色々な種類の花ともアレンジ可能なところも万能な花と言えるでしょう。

プロポーズする時の花としても活用される方もいるようです。

シクラメン

秋ごろになると、ホームセンターなどにシクラメンの鉢植えが並びます。
最近は品種改良されたものや定番のものがあって、女性には馴染みの花と言えるでしょう。

「シクラメンの香り」という歌がありましたが、それほど香りが強い花ではありません。
どちらかというと香りを楽しむ種類ではないですね。

またシクラメンは比較的寒さに強いので、よく寄せ植えにも使われます。
ガーデニングを趣味としている女性には好まれる花の一つです。

注意
ガーデニングに使われるのは「ガーデンシクラメン」と呼ばれるシクラメンとなります。

まとめ

男性が妻や彼女へのプレゼントに悩んだ時には、花をメインにすれば大丈夫です。
もし余裕があるなら花言葉を勉強しておくのも良いですね。

誕生日というのは年を重ねていくうちに特別な日ではなくなっていくようです。
けれど夫から誕生日プレゼントとして花を贈られたなら、まず覚えてくれていたことに感激します。
そして花の種類に関わらず、フラワーギフトは女性の心をキャッチし幸福感を与えます。

それは家庭円満にも繋がりそうですね。

女性にとっては、『たかが花、されど花』なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です