Mother's Day

出産祝いにおすすめ!ママにも赤ちゃんにも喜んでもらえるフラワーギフト

出産のお祝いといえば、どんなプレゼントを思い浮かべますか?

実は出産祝いにはフラワーギフトがとてもおすすめなのです!
今回は実際に私が出産祝いに花を贈ってもらった体験談と、ママにも赤ちゃんにも嬉しいフラワーギフト、そしてその理由をご紹介します!

出産祝いに最適なフラワーギフト!相場や贈るタイミングのマナーもご紹介!

出産祝いにはフラワーギフトを贈りたい!花が伝えるメッセージ

花にはそれぞれ「花言葉」というものがあり、花の種類やその色によって、さまざまな意味をもっています。
お祝いの気持ちを花言葉にのせて伝えるなんてとてもおしゃれですよね。

出産祝いに合う花言葉には「愛」、「幸せ」、「希望」などがあります。

「愛」:カーネーション・バラ
「幸せ」:コチョウラン・カスミソウ
「希望」:ガーベラ・アネモネ

この他にも同じような花言葉をもった花はたくさんあります。
同じ花でも色によって意味が違ったり、意味がいくつもあったりするので贈る人への気持ちを込めてお花を選ぶと素敵だと思います。

季節の花

出産した時期に合わせてその季節の花を贈るのもおすすめです。
春ならチューリップ、夏ならヒマワリなどが、すぐに思い浮かびます。

赤ちゃんの名前に産まれた季節に関係する字をあてたり、女の子だと花に関係する字が使われていたりすることも多いので、名前を聞いているならその子の名前に合ったお花を選ぶのも良いと思います。
またママの好きな種類や、色の花をプレゼントするのももちろん喜ばれるはずです。

ママに嬉しいフラワーギフト

赤ちゃんを産んだばかりのママは、出産で疲れた体を休めなければなりません。
だいたい1か月くらいは無理をせず寝ていられる時は横になっていたい時期です。

ラクに長く楽しめる!

そこでオススメしたいのが「ソープフラワー」や「プリザーブドフラワー」といったフラワーギフトです。
「ソープフラワー」は石けんで本物の花そっくりに作られたもの、「プリザーブドフラワー」は生花を特殊加工して長期保存できるよう加工したものです。

2つに共通しているのは「お手入れ不要」なことと「長持ちする」ということです。
水をやる必要がなく、部屋に飾っておくだけでいいので、お手入れの労力がいりません。

産後のママは赤ちゃんのお世話で大忙しなので、お手入れしなくてもいいのはとても助かると思います。

「ソープフラワー」の寿命は数か月、「プリザーブドフラワー」は1年以上、保存状態に気を付ければ数年もちます。
想いをこめて贈ったプレゼントを長く楽しんでもらえると、贈ったほうも嬉しいですね。

フラワーギフトをもらった体験談

じんこ

ここでは嫁「じんこ」の体験をお話したいと思います。

産後はママと赤ちゃんの1か月検診が終わるまでは、親子の体を休めることを第一にと産院で言われるため、気軽に外出することもできませんでした。
約1か月程度もの間、家族以外の誰とも会うことなく家に閉じこもって赤ちゃんのお世話ばかりしていると、だんだんと気持ちが沈んできてしまうのです。

そんな時に部屋にある花がふと目に入ると、気持ちがスッと軽くなるようでした。
そして贈ってくれた人の顔を思い浮かべ、次に会う約束を楽しみに考えたり、元気に育った赤ちゃんを見てもらおうとまた育児を頑張る気力が湧いてきたのです。

初めての育児で疲れを感じていた私にとって、花を見つめる時間は癒しのひとときでした。

じんこ

商売物ではない花はなぜか和むのよね(笑

赤ちゃんにも嬉しいワケ

もちろん、ママだけでなく赤ちゃんにもおすすめな理由があります。

赤ちゃんがいる家でも安心して飾れる

プリザーブドフラワーやソープフラワーは花が落ちないので赤ちゃんがひろって口に入れてしまう心配がありません。
また、生花のように水に挿しておく必要もないので、活発な赤ちゃんが花瓶を倒して水をこぼしてしまう心配もないのです。

ママたちが心配するのは赤ちゃんのアレルギー。プリザーブドフラワーやソープフラワーなら花粉もでないので安心です。

赤ちゃんの発達にも良い

キレイな花を見て喜ぶのはママだけではありません。
赤ちゃんはまだハッキリしないながらも、モノの色の違いを認識したり、目で追おうとします。

これからすくすく大きくなっていく赤ちゃんに、キレイなものたくさん見せてあげることは赤ちゃんの発達にも良いことなのです。

いろいろな贈り方

プレゼントをする時に気になるのがラッピングで、フラワーギフトにもいろいろな贈り方があります。
よく知られているのはブーケや箱詰めされているタイプのものだと思います。

最近では、ブリザーブドフラワーをガラス瓶に入れたハーバリウムというものも見かけます。

出産祝いでオススメしたいのが、写真立てが付いているもの。
産まれたばかりの写真を入れて飾っておけば、花を贈ってもらった思い出と一緒にその時の記憶がよみがえります。

花の寿命がきても、写真立てなら中の写真を入れ替えて楽しむこともできますし、大人になってもずっと使うことができます。

ぬいぐるみやバルーンがセットになったものもあります。
まだ小さな赤ちゃんでもぬいぐるみなら握ったり、一緒にベッドにおいてあげたりするだけでもかわいらしいですね。


バルーンなら「HAPPY BIRTHDAY」の文字が入っているものや、ポップなデザインのものを贈ると、赤ちゃんの記念撮影に写真映えになると喜んでもらえること間違いなしです。

贈ったその場でママや赤ちゃんと一緒に写真を撮るきっかけになるのも良いですね。

出産祝いにフラワーギフトのまとめ

出産祝いにフラワーギフトをおすすめしたい理由と、ギフトの種類をご紹介しました。

誰かに贈るプレゼントを選ぶのはなかなか難しいですが、この記事をきっかけに花選びを楽しんでもらい、贈った人が喜んでくれたら嬉しく思います。

今まで花を贈ったことがなかったり、出産祝いのプレゼントに迷っているならぜひフラワーギフトも選択の一つに加えておいてください。

じんこ

和みますよ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です