冬のだからこその寄せ植え、おススメの組み合わせをご紹介!

寂しいという印象のある冬という季節ですが、ガーデニングにおいても冬に咲く花のイメージはあまりないかもしれません。
しかし、そんな印象を裏切るぐらい、鮮やかに咲く花がたくさんあります。

今回は、そんな冬に咲く花で寄せ植えを作るときの注意点や、おススメの寄せ植え組み合わせをご紹介します。

冬に咲く花の魅力、どんな寄せ植えが楽しめる?

寄せ植えとは、一つのプランターやコンポートなどに、いくつもの種類の植物を集めて植えることです。
花の色や種類の組み合わせはもちろん、植木鉢まで、お好みで選ぶことができ、ご自分で好きな見た目にカスタマイズできることが最大の魅力と言えるでしょう。

また、植えこんでしまうと移動に手間のかかる地植えと異なり、移動、ひいては管理がしやすいことも特徴です。

冬の寄せ植えの注意点とは?

では、冬にプランターやコンポートなどを使って寄せ植えを作る場合の管理や注意点をご説明します。

草花の耐寒性に注意

冬のガーデニングでは特に、草花の耐寒性に注意しましょう。

植物にはそれぞれ、生育に向いている気温があり、耐寒性の弱い草花は平均気温が低いと枯れてしまう場合があります。
耐寒性により、プランターや植木鉢を置くべき場所が異なるので、草花の苗を買うときにタグをしっかりチェックしてくださいね。

霜が降りると草花は弱ってしまう

冬が本格化して冷え込むと、外に置いたプランターやコンポートなどに霜が降りることがあります。
そうなると霜が草花をさらに凍らせてしてしまい、結果として枯れてしまう場合があるのです。

このような霜の被害を防ぐために、プランターやコンポートなどにマルチングを施し、バーク材を草花の根元の土に撒いておくと、霜が降りない上に見た目もおしゃれです。

また、夜間の寒さをふせぐため、夜のみ寒冷紗をかけておくのもおススメします。

健康な苗を選ぶ

これは冬の花には限りませんが、よい苗を選ぶことで寄せ植えを長持ちさせることができます。
店頭で苗を購入するとき、葉の数が多く下葉がついていて、黄ばんだり、かさついたりしていないものを選びましょう。

また、葉裏も見ておくことをおススメします。
アブラムシ、ハダニなどの虫がいないか、斑点があったりしないか購入前にしっかりと確認しておきましょう。

性質の近い草花を選ぶと管理しやすい

耐寒性の項目で、草花にはそれぞれ生育に向いている気温があると説明しました。
さらに、日陰(もしくは日向)を好む、乾燥した環境を好む、など、個々の性質がタグに書いてあることが多いです。

寄せ植えは一つのプランターやコンポートなどに複数種の植物を植えこむものですから、それらの性質の近い草花を選ぶほうが管理が簡単になります。

特に耐寒性、日照の具合はよく確認してそろえておくことをおススメします。

冬の花のおススメ寄せ植えパターン

では、冬に咲く花をメインに据えた寄せ植えのパターンをご紹介します。

日なたに置きたい草花
ガーデンシクラメン+パンジー+ノースポール+シロタエギク
色鮮やかなガーデンシクラメンを中心に据えて、その足元に色味の近いパンジーを敷くことで、高さの違いを出すことができます。

また、はっきりした色味で花が比較的大きいガーデンシクラメン、パンジーの周りに、白く可憐な花を咲かせるノースポール、シルバーリーフの美しいシロタエギクを植えこむことで、そのコントラストが目を楽しませてくれるでしょう。

ガーデンシクラメンとパンジーは、花の色のバリエーションが豊富で、色の選び方により見た目の表情が変わるため、いろいろな組み合わせを試してみるのも良いのではないでしょうか。

ここで挙げた4種の草花は、特に日向を好み、日光に当ててやることでしっかりと育つ植物です。
また、特に霜に強い品種でもあるので、冬の野外でも管理がしやすいおススメの組み合わせとなります。

日陰でも育つ草花
クリスマスローズ+ハツユキカズラ+アジュガ
クリスマスローズは、花の色のみならず、花びらの重なり方、形状まで、さまざまな種類のある花です。
冬から春にかけて花を咲かせ、ガーデンに色どりを添えてくれます。

茎をのばすクリスマスローズの足元に添えたいのがハツユキカズラです。
ハツユキカズラは、葉がピンクや白に変化する特徴があり、花の少ない時期にも色のある下草として人気です。

また、アジュガも同様にクリスマスローズの足元を覆ってくれます。
常緑草のため、冬の間も鮮やかな緑を保つことが特徴です。

クリスマスローズは通常4月ごろまで花をつけますが、それと入れ替わるようにアジュガが花を咲かせるため、寄せ植えを長い期間楽しむことができます。

クリスマスローズ、ハツユキカズラ、アジュガは明るめの日陰を好みますので、夏越しができれば複数年楽しむこともできる組み合わせですので、ぜひ手をかけてあげてくださいね。

寒い冬に目を楽しませる、寄せ植えのススメ

木々の葉が落ち、雪で覆われることもある寒い冬の庭ですが、暖かい色彩を持った寄せ植えは、そんな印象を和ませてくれます。

今回ご紹介した寄せ植えは、比較的管理がしやすいおススメの組み合わせとなっています。また、コツコツと面倒を見てきた鉢が花を咲かすと、喜びもひとしおです。

さぁ、冬のガーデニングを楽しんでみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です