母の日のフラワーギフトなら幸せを運ぶ清楚で可憐な胡蝶蘭を贈りたい

胡蝶蘭の色として一般的に認識されているのは白やピンクなどですが、現在は品種改良などで白やピンク以外の色合いの品種も多く存在します。

どれにも共通しているのは可憐なシルエットということです。視覚的な印象として女性的な優しさを感じさせ、さらに色合いがとても繊細であることも特徴といえます。

そのため、母の日のプレゼントとして、「ありがとう」を伝えるお花としてとても人気のお花です。

カーネーションは卒業!今年の母の日はミディー胡蝶蘭を贈ってみよう

母の日に贈るなら可憐で繊細な胡蝶蘭

贈る場合はお母さんのイメージに合わせて贈るのも良いかもしれません。

例えばイメージカラーで贈るなら

  • 清潔で可憐なイメージのお母さんには清楚な雰囲気の白系の胡蝶蘭。
  • ほんわか優しいお母さんには、優雅で優しい雰囲気のピンクの胡蝶蘭
  • ちょっぴり派手目のお母さんには、コントラスが綺麗な通称赤リップと呼ばれる赤白の胡蝶蘭

こんな感じで選んで贈るのも面白いかも知れません。

鑑賞期間を考えれば胡蝶蘭が高くはない

胡蝶蘭は高貴な花のイメージゆえ価格が高いという印象を持っている人は多いと思います。

あろき

当然ですね。実際高価ですから。

しかし、鑑賞期間を考慮すると、他のお花と比べても決して高くはありません。

実際切り花なら10日、持って半月程度ですが胡蝶蘭の場合は2ヵ月以上は十分綺麗な状態で鑑賞できます。
※鑑賞期間が管理する場所によっても多少前後します。

胡蝶蘭は生命力がとても強いお花なので、コストパフォーマンスの面でも非常に優れており、長く鑑賞することを前提にすると、とてもリーズナブルなお花とも言えなくはありません。

MEMO
いや購入金額を日割り計算すれば絶対的に胡蝶蘭がお得であることが分かると思います。

また最近は比較的安価なミディー系の胡蝶蘭も多く出回っていますのでご予算や用途に合わせて贈って見て下さい。

コンパクトサイズでも花持ちはビックサイズ!ミディ胡蝶蘭が選ばれる理由 可愛らしく可憐な小ぶりの花びらをたくさんつける「ミディー胡蝶蘭」

胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」

花をプレゼントするときにちょっと気になるのは花言葉です。ましてや母の日に贈るのであれば、お母さんに対しての思いを代弁してくれる花言葉のある花を選びたいものです。

胡蝶蘭は「幸せが飛んでくる」という花言葉を持ち、見た目からも連想できるように幸福がフワフワと飛んでくるイメージがあります。

そういう意味からも胡蝶蘭は最適であり、それどころかお母さんへの思いを伝えるには非常にふさわしいお花といえます。

胡蝶蘭を贈ることで、日頃は恥ずかしくて口に出せない感謝の気持ちやいつまでも元気でいてほしいという気持ちを上手に伝えられるかもしれません。

お母さんに伝えて下さい。

胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」だよて。。

5月第2日曜日は「Happy Mothers Day」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です