たかがインスタントと言うなかれ、ひと手間加えることで本格コーヒー

普段からインスタントコーヒーはちょいちょい飲んでいます。時間がない時やすぐにちょっとだけ飲みたいなんて時は手軽でとても便利です。

最近はインスタントとは思えらぐらい美味しいコーヒーもたくさんありますからね。

インスタントコーヒーの美味しい入れ方

ネットで検索すると、「美味しい入れ方はこれだ!」的なものがいっぱい出て来ます。

代表的なものは「フライパンなどでコーヒーを煎る」「電子レンジで温める」「麦茶入れる」「水で溶かしてからお湯を注ぐ」などなどがあります。

面倒臭い方法から手軽で簡単な方法まで様々ですが、基本個人的には美味しいに越したことはないのですが、インスタントコーヒーを飲む定義は「時間がない」「すぐ飲みたい」時なので「フライパンなどでコーヒーを煎る」などの手間のかかる事はしたくありません。

特に朝は慌ただしく忙しくしているので、ひと手間ふた手間かけるのが面倒くさいです。 30分早く起きれは解決なのですが・・奇跡的に起きる事が出来たらハンドドリップかコーヒーメーカーなど使ってコーヒーブレイクしますけどね。

無理ですが。。

定義っていうのはちょっと大げさだけど、インスタントコーヒーを飲む時のポイントは「今でしょう」なので(^^:

ももうら

約90秒で本格ドリップコーヒーが堪能できる「UCCドリップポッド」

実践してみた

「水で溶かしてからお湯を注ぐ」でコーヒーを飲んでみました。

これはちょっと前、いやだいぶ前になりますが、NHKの「ためしてガッテン!」で紹介されてた方法なのでご存知方も多く説明など必要はないと思いますがとりあえずおさらい程度に。

手順
  • カップにコーヒーの粉をを入れ、それを少量の水で溶かします。「溶かす」というより「練る」と言ったほうがしっくりきますかね。
  • お湯を入れる。
  • 出来上がりです。

ポイント 溶かすときはお湯ではなく水で溶かすことです。

飲んでみた感想という名のボヤキ

これインスタントコーヒーの種類によっても味というかコクは変わってくるのだろうと思いますが、練って空気を抜いているせいか若干コクが深くなったような気がするし香りもわずかながら香ばしくなったような感じです。

ただ、インスタントコーヒーで美味しく飲むという事であれば格段に美味しくなりますが、ドリップコーヒーなんかと比べるなんてことはちょっと違う感じです。 しかし、忙しい朝のコーヒータイムには、このインスタントコーヒーにひと手間加えて素早く美味しく飲める方法は良い方法です。

他にも、もっとおいしく飲める方法を探して、あれやこれら試してみるのも面白いかも知れませんね。

アレンジしたコーヒー

ちなみに今回僕がアレンジしたコーヒーは嫁から丁重に頂いた「ネスカフェ Classic Blend」なり。

優先すべきはコスパって感じだよねww

ももうら

あとがき

今回アレンジして飲んだインスタントコーヒーがあまりにも安いものだったんで思ったような結果では無かったかも知れませんが、それでもなかなか美味しく飲めました。

まぁ、新たにインスタントコーヒー買ってきて再度挑戦なんて事は無いので、こんなもんでしょう。

それでも朝時間がなくても目覚めのコーヒーは必ず飲みたい方なので慌ただしい時間帯にお手軽簡単に飲めるインスタントコーヒーは重宝しますね。

おわりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA