まとまった資金は、積立投資と一括投資どちらがいい?メリット・デメリットを解説

投資信託を買う方法には「積立」と「一括」があります。

  • 積立とは、少額の資金を毎月継続的に投資すること。
  • 一括とは、まとまった資金を1回で投資することです。

退職金や貯めていた定期預金など、すでにまとまった資金が手元にある人は、「積立と一括、どちらの方法で投資すればいいのだろう」と悩んでしまう人も多いでしょう。
せっかく資産運用をするなら、より増やせる方法を選びたいですよね。

しかし、「積立よりも一括のほうが増える」「一括よりも積立のほうが増える」といった明確な答えはありません

なぜなら、資産運用商品の、値動きの予想は難しいからです。

資産運用商品は、安い価格で買って高い価格のときに売れば利益になります
もし、これから右肩上がりに価格が上がり続けるのであれば、一括で買ったほうが有利です。
反対に、値下がりしてしまうのであれば積立が有利になります。

しかし、未来の値動きは分かりません。
そのため、どちらのほうが得か・損かといった答えは出せないのです。

ただ、積立と一括には、それぞれにメリット・デメリットがあり、それによって「積立に向いている人」「一括に向いている人」の特徴があります

今回の記事では、積立と一括の特徴について解説していきます。
どちらのほうが自分に向いているのか、考えていきましょう。

積立投資のメリット・デメリット

積立投資には、以下の特徴があります。

  • 少額から始めることができる(100円~など)
  • 自分で積立金額と引き落とし日を決める
  • 自動的に引き落としが続く

では、積立投資のメリット・デメリットについて説明していきます。

「ドルコスト平均法」による利益が期待できる

資産運用は、「低い価格のときに買って高い価格のときに売れば利益がでる」しくみですが、そこに狙いを定めて売買することは、プロでも難しいことです。

なるべくリスクを避けたいのであれば、タイミングを分けて買うことが大切。
それができるのは、積立投資です。

投資する時期を分けて買うことで、さまざまな価格で買うことができ、万が一価格が乱高下しても、買った価格を平均的なものにすることができ、このことを「ドルコスト平均法」といいます。

投資信託は、低い価格で買うことで、「口数」を多く買うことができます。
口数とは、投資信託の取引単価のこと。口数を多く買うほど、資産運用で利益を出しやすくなります。

分かりやすくするために、口数をリンゴの個数に例えて説明していきます。
リンゴの価格は、投資信託の価格と同じように日々変わります。

もし、毎月1000円ずつ、「積立」で買った場合…

購入月 1月2月3月
支払う金額 1000円 1000円 1000円
1個あたりの リンゴの価格 200円 50円 100円
購入できる個数 5個 20個 10個

買うことができた個数は、合計「35個」です。
もしこのリンゴを3月に売却した場合…

35個×100円(3月のリンゴの価格)=3500円
元の金額は3000円でしたから、500円の利益を出す事ができました。

では、積立ではなく、「一括」でリンゴを買った場合…

購入月 1月 2月 3月
支払う金額 3000円 0円 0円
1個あたりの リンゴの価格 200円 50円 100円
購入できる個数 15個 0個 0個

買うことができた個数は「15個」です。
もしこのリンゴを上記の積立の場合と同様のタイミング、3月時点で売却した場合…

15個×100円(3月のリンゴの価格)=1500円
元の金額は3000円でしたから、1500円の損失になります。

投資信託も上記と同じようなしくみです。
積立の場合、万が一値下がりしたとしても、個数(口数)を稼ぐことができるため、利益が出やすくなります

自動的に引き落としになるため、手間が少ない

積立投資は1度申込をすれば、毎月決まった日付に同じ金額の投資が続くしくみです。
そのため、自分でタイミングを狙う必要が無く、忘れていたとしても勝手に口座から引き落としになります。

値動きや市場の情報をチェックして買うことが面倒だと思っている人にとって、積立は手間がかからないので便利です。

値下がりしても心理的ダメージが少ない

積立投資は、一括投資に比べて少ない金額をコツコツ積み上げていく運用方法です。
そのため、万が一投資した直後に価格が値下がりしたとしても、投資金額が少ないので損失はそこまで大きな金額になりません。

逆に、「価格が値下がりしているなら、口数を多く買うことができてラッキー」という考え方もできるため、損失が出ても心理的なダメージを少なくすることができるのです。

値上がりしたときに利益が出にくい

損失が出た際のダメージが少ない反面、もし大きく価格が上がったとしても、投資金額が少ない分、あまり利益を出す事ができないデメリットがあります。

例えば10%増えた場合、100万円投資をしていれば10万円の利益が生まれますが、それがもし1万円しか投資していなかったら1000円の利益にとどまります。

一括投資のメリット・デメリット

一括投資とは、1回のタイミングで投資する購入方法のことです。

積立投資のデメリットが一括投資のメリットになりやすく、また、積立投資のメリットが一括投資ではデメリットになりやすい傾向にあります。

短期間でも利益が出やすい

資産運用商品は日々値動きが変わるもの。
なので、商品によっては投資してすぐに大幅に価格が上昇する可能性もあります。

仮に投資信託の価格が20%上昇した場合、一括と積立では、利益に100倍もの差が生じます。

  • 一括で100万円投資…20万円の利益
  • 積立で1万円投資…2000円の利益

一括投資は積立と比較して、投資する元手が大きい分、利益となる金額も大きくなりやすいのです。

値下がりした時の心理的ダメージが大きい

資産運用商品は、ひたすら上がり続けることはありません。
リスクが低い商品を選んだとしても、値下がりする可能性があります。

上記では20%値上がりした場合の利益の差を説明しましたが、20%の損失が出た例に変えた場合、損失も100倍違います。

  • 一括で100万円投資…20万円の損失
  • 積立で1万円の投資…2000円の損失

損失が出たとしても、長期で様子を見ていくことで利益に変わる可能性はもちろんあります。
ただ、大きな損失が出てしまったという心理的なダメージは、積立と比較して大きいでしょう。

手元にあるお金を早く資産運用に回せる

100万円の資金が手元にあり、リスク回避のために毎月1万円ずつ積立投資すると、約8年3か月の期間がかかります。

資産運用商品は短期間で利益を出す事は難しいのですが、長い期間を味方につけて運用することで、利益を狙うことができます

早く投資をして長期で運用すれば、確実に利益が出るということは言い切れません。
ただ長い間、積立待ちで金利の低い銀行口座にただ眠らせておくよりも、早く資産運用に回すことで利益に繋がる可能性が広がるのです。

「積立」・「一括」どちらが向いている?

ここまで、積立投資・一括投資特徴やメリット・デメリットについて説明してきました。
次に、「どちらの運用スタイルが向いているのか」考えていきましょう。

一括投資に向いている人

一括投資に向いている人の特徴は…

  • 短期間で大きな利益を狙いたい
  • 自分で市場の情報を調べることが手間ではない
  • 大幅な損失が出てもかまわない
  • リスクが低い商品に長期投資したい

上記の項目でも説明したように、元手が大きい分短期間でも大きな利益が狙いやすいため、日々値動きをチェックしたり、市場の情報を収集したりしながら運用したい人は向いているでしょう。

ただ、大きな利益が出やすい反面大きな損失にも繋がりやすいので、「損失が出てショック…これ以上損失を増やしたくない!」と思い、すぐ解約するような心配がある人には向いていません。
「損失が出てしまったけど、長期で様子を見るから構わない」と考えられる人にオススメです。

また、複数の国や株・債券・不動産などへバランスよく投資をするような、リスクが比較的低い商品を選択する場合は、急激な値下がりが起きにくいため、一括投資をして長期運用してもよいでしょう。

積立投資に向いている人

積立投資が向いている人の特徴は…

  • ドルコスト平均法を活用した長期運用がしたい
  • 資産運用に手間をかけたくない
  • 大幅な損失は避けたい
  • リスクが高いものにも挑戦してみたい

上記の項目で解説したように、「購入時期を分散してリスクを回避しながら、口数を稼いでいきたい」と思っている人は積立が向いているでしょう。

また、投資信託にはさまざまな商品があります。例えば中国・ブラジル・インド・トルコなどの、これから成長が期待できる新興国への投資は大きな利益が狙える反面、大きく値下がりする可能性もあるリスクが高い商品です。

もし、「リスクが高い商品にも挑戦してみたいけれど、一括で買うのは心配」と思っているのであれば、積立を選択することでリスクを抑えることができます。

積立と一括の組み合わせも◎

積立投資と一括投資を組み合わせて運用する方法もオススメです。

手元に100万円の資金があるのなら、例えば50万円で一括投資をして、残りの50万円は積立をすることで、積立と一括のメリットをどちらも受けることができます。

50万円毎月1万円ずつわけると、全ての資金が投資に回るまで4年以上かかってしまうため、5万ずつや3万ずつなどに分けることも大切。
時間を味方につけた長期運用をすることができますよ。

まとめ

以上、積立投資と一括投資について説明してきました。

どちらを選ぶことが正解というハッキリした答えはありませんので、「どちらの購入スタイルのほうが自分には向いているか」、もしくは「この商品は積立と一括どちらがいいのか」を考えて、運用を始めてみましょう。

どちらの方法を選んだとしても、「資産運用は、長い期間がかかるものだ」ということを忘れないことが大切。気長に様子を見ながら、将来の資産作りをしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です