ネットショッピングで胡蝶蘭を贈る場合の8つの「メリット」「デメリット」

今更ですが、今やインターネットからボタン一つで何でも買える時代です。
胡蝶蘭も例外ではなくネットショップから購入する事が出来ます。

おススメの購入方法は実際に目で見て確かめて購入してもらう事が一番であろうと思いますが、なかなか店頭に足を運ぶのは面倒です。

今回は、そんな方を対象にネットショッピングでの購入時に覚えておきたい基本的な「気を付けること」「覚えておきたいこと」「メリット」「デメリット」です。

胡蝶蘭

学名:Phalaenopsis Hybrids(ファレノプシス)
別名:ファレノプシス(Phalaenopsis)
科属名:ラン科ファレノプシス属
用途:開店・開業・開院祝・新築祝/移転・リニューアル祝/当選祝/誕生日・結婚・出産祝/長寿祝/定年・退職祝/お悔み・仏事用など

花言葉幸福が飛んでくる

ネットショッピングの場合に「気を付けること」「覚えておきたいこと」

言わずもがなですが、胡蝶蘭は花ですので生ものです。
家電などは見たサンプル画像と同じ形のものが手元に届きますが、花(ここでは胡蝶蘭)は1つとして同じ形咲き方のものは存在しません。

サンプル画像

店舗のHPは当然一番良い状態のサンプル画像を載せています。
購入者さんも当然この画像などを見て買う買わないの判断(他にも判断材料は個々にあると思いますが・・)をします。

「これは良い」と思って購入した胡蝶蘭でも実際に見てみたらサンプルとかなり違って貧相だったなんてことがあります。
レビューなどで激怒して「サンプル画像と違っている」などの書き込みをたまに目にしますが、まさにこのことです。

例えば1本に12輪咲くとしてサンプル画像は先端に2輪くらい蕾があって残りの花が綺麗に咲いています。
しかし届いた花は半分以上が蕾の状態でした。
これはもう見た目貧相としか言いようがありません。
勿論、折れていたり花が落ちている、またはかなり咲き進み満開の花ばかりも問題外です。

MEMO
理想は先端に蕾が少々あって上に行くにつれて段々と咲いているものとなります。

店舗側も故意にサンプルと違う商品をお届けする事は無いですが、時期の問題や出荷過多で元来もう少し後の出荷を考えていた商品を前倒しでお届けするなんて店舗さんもあるかも知れません。

商品選びの前に店選びが重要

だからこそ、実際目で確認できないネット購入の場合、特に商品選びの前に店選びが重要です。
少々値段は高くなっても信用のおける店舗さんからの購入を検討してみて下さい。
鑑賞期間もかなり違うはずです。

くれぐれも値段ありきで購入すると失敗する確率が高いので、ここはあまりケチらず良品を探してください。

選ぶ際のワンポイントアドバイス
  • 春~夏期:蕾の多いものを選ぶ
  • 秋~冬期:比較的開花しているものを選ぶ

胡蝶蘭は寒さに弱く冬期は開花しないで蕾のまま落ちてしまうことがあるので、寒い時期は比較的咲いているものを選びましょう。

今回は、ネットショッピングで購入するとなった場合のメリット・デメリットについてご紹介致します。

ネットショッピングで購入するメリット

  • 店舗に行く手間が省ける
  • 到着する日付や時間を指定できる
  • 豊富な種類から選べる
  • 安めの価格で買える
  • 24時間注文OK
  • 花の鮮度がいい
ビジネスで胡蝶蘭を贈るならインパクトのあるワンランク上を選びたい

店舗に行く手間が省ける

圧倒的なメリットとなるのが、手配にかかる時間の短縮。
実店舗で胡蝶蘭を扱っていないお店は意外と多く、駅前やショッピングモールに入っているような小さなお花屋さんでは見つからなかったりするものです。
ネットショッピングであれば、最初から胡蝶蘭を扱っているお店しか出てこないのが便利なポイント。
自宅やオフィスなど場所を選ばず、手元のスマートフォンやパソコンで注文できるのはとても楽ですよね。

あろき

これが最大のメリットでしょうね。

到着する日付や時間を指定できる

お店のオープンや就任式など、必ずこの日までに届けたい!という事情が発生することは案外多いもの。
そうした時に、ネットショッピングでフラワーギフトを手配するのは非常に便利です。
実店舗で注文して配達日指定することも可能ですが、お店で気に入ったものを選んでも、いざ配送!となると指定日に間に合う商品ではなかった…ということも。
そういった「選び直しの手間」を防ぐためにも、ネットショッピングで最初から絞り込みをかけて検索すれば、選ぶ側の時間短縮にも繋がります。

注意
通販の場合、多くは宅急便を利用してお届けするので天候や交通事情等で大幅に遅れる可能性もあります。宅急便の配送に【必ず】ということはありえませんので、この点は了承の上注文して下さい。

豊富な種類から選べる

実店舗と比較してみると、ネットショッピングサイトの方がより豊富な種類を扱っている傾向にあります。
胡蝶蘭は、ボリューム感や予算感に合わせて3本立て、5本立て、7本立て…といったアレンジをこちらから依頼することも多いもの。
立て札やメッセージカードなども、大きさ・種類共に幅広く取り揃えています。
また、定番の白以外にもピンクや黄色、青など色の選択肢も多く、全て「お任せ」にしたくないならネットショッピングの方がいいのかもしれません。

安めの価格で買える

生産者から消費者へフラワーギフトを直送しているケースが多々あります。
間に市場や仲卸業者を挟まないので、その分安く手に入りやすくなっています。
同じ予算でも「なるべくボリュームをUPしたい」「予算を抑えておきたい」という場合には嬉しいポイントです。
金額帯が広く、1万円以下のものもあれば5万円以上するようなものもある胡蝶蘭。
予算を気にする場合には、ネットショッピングを選択するのも手ですよね。

あろき

価格の比較対象が簡単に出来るのはネットの利点ですね。

24時間注文OK

店舗に行く場合は、営業時間や臨時休業日に注意が必要。
今日までに注文しなければいけなかったのに、営業していなかった…!ということがあると大打撃です。

ネットショッピングの場合は、いつでもどこでも24時間注文ができるのが利点。
希望配送日に合わせた注文締め切りも分かりやすく決まっているところが多いので、自分の中でタスク化さえしてしまえば注文忘れなどのトラブルも防げます。
特に、仕事中お花屋さんをハシゴしたりする余裕がない方にはおススメ。

花の鮮度がいい

生産者さんと直接契約している花屋さんも多いので、いわゆる「産直」が利用できます。
お店に一度並んで買い手を待つというタイムロスがなく、鮮度がいい状態のまま送ってもらえるのが利点です。
特にお祝いの場に贈るようなものである場合、特に鮮度は気になりますよね。
先方に届いてからが一番美しく見栄えするように購入先には特に慎重になりたいポイントです。

あろき

産地直送ですね。生産者さんと直接契約して送ってもらえるので、ロスなどが出ないメリットが花屋さんにもあります。
胡蝶蘭はお祝いからお悔みまで対応可能なフラワーギフトです!

ネットショッピングで購入するデメリット

  • 直接店舗スタッフに相談できない
  • 胡蝶蘭の現物が見られない

直接店舗スタッフに相談できない

初めてフラワーギフトとして胡蝶蘭を用意する場合、マナー面を不安に思うこともあるでしょう。
その場で直接相談できる店舗スタッフがいてくれれば、心強いですよね。
もしネットショッピングサイト経由で購入する場合は、先方に失礼がないよう、マナー面は一通り勉強しておいた方がいいかもしれません。
自信がある、既に経験がある、という方であれば、特に心配不要です。

胡蝶蘭の現物が見られない

あろき

これが最大のデメリットでしょう。

送り先が特に大事な相手である場合、自分の目で実物を見ておきたいという気持ちになるものです。
自分で1から選び、立て札の書き方や包装までこだわりたい!という場合であれば、実店舗がおススメ。
直接店舗スタッフと相談しながら決めるのが手っ取り早く、失敗も少ないでしょう。

ネットショッピングで購入する場合、前もって問い合わせたり、備考欄に要望を書いたり、という手段もありです。
なるべくつぼみが多め、満開に近いものなど、要望を聞いてくれるショップもあります。

贈った商品を写真に撮り、依頼主に送信してくれるサービスを展開しているショップもあります。
気になる方はそういうところを選んでもいいのかもしれませんね。

あろき

今は画像配信サービスを実施しているところは多いです。というか殆どの店舗でこのサービスを取り入れています。しかし繁忙期(母の日や敬老の日等)はこのサービスは利用出来ないことも多いです。

まとめ

最近は、ネットショッピングでフラワーギフトを贈る人も増えてきています。

時間や場所を選ばず注文ができて、且つ種類豊富、金額相場も安め、というのがメリットですね。
しかし一方、花屋さんに直接相談したい、現物を見ておきたい、という人は店舗に行かれると思います。

どちらが良いとか悪いとかではなく自分の希望や先方の都合も鑑みて、ベストな方法を選択してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です