お供え用に贈る場合の胡蝶蘭のマナーと価格

胡蝶蘭はとても美しい花であり、誰かが亡くなった時にお供えとしてふさわしいと考えられています。品種や色も豊富であるため、様々な種類から選べるということにも魅力があります。

ここでは、胡蝶蘭をお供えとして贈る場合の単価やマナーについて紹介します。

お供えやお悔やみに清楚で凛としたイメージの胡蝶蘭を贈る人が増えています

胡蝶蘭を購入する際の単価

誰に送るかによって、胡蝶蘭の品種や予算も異なります。もしも予算で胡蝶蘭を選ぶのであれば、相手との関係性をしっかりと踏まえた上で選ぶようにしましょう。

一般的なお供えの場合、10,000円程度の胡蝶蘭で問題ありません。

しかし、もしも特別な付き合いがあった人であれば、そのワンランク上である10,000円から30,000円の胡蝶蘭を選ぶと良いでしょう。

もしも相手が友人であったり親族であったりするならば、5,000円から10,000円が相場になります。

故人を偲んでお葬式に供花を贈りたいが、お花の相場はどれくらい?

胡蝶蘭を選ぶ場合の色やデザインについて

もしも葬儀の時にお供えとして胡蝶蘭を送るのであれば、白い胡蝶蘭を送ることがマナーです。

しかし、もしも四十九日以降に送るのであれば、白にしなければいけないというわけではありません。

もしも故人にお気に入りの色があったのであれば、その色や淡い色合いを使った胡蝶蘭を選んでも問題ありません。

例えば、淡いピンクや黄色の胡蝶蘭を送る人も最近は増えていると考えられています。

また、大輪3本立ちは一般的なお供えに向いていますが、もしも特別な付き合いがあった人に送るのであれば5本立ちから10本立ちを選んでも良いでしょう。

可愛らしいテーブルサイズのものや自宅鑑賞として適切なサイズのものもありますので、相場を目安にしながら選ぶと良いです。

「お葬式」一般的な花祭壇からそこまでやるかと思える個性的なものまで

胡蝶蘭を送るタイミングについて

お供えとして胡蝶蘭を送るのであれば、初七日から四十九日の法要、あるいは法事の前日までに会場に届けられるように手配をしましょう。

また、葬儀場などによっては店舗からのお花を受け付けていない場合もありますので、事前に斎場にチェックを入れる必要があります。お花を送るときには事前に申し込みをしておかなければいけない場合もありますので、余裕を持って確認をしましょう。

もしもお盆の期間に送るのであれば、お彼岸ならば入り日から中日に送ると良いと言われていますが、お盆の時期には様々な予定を持っている人もいますので、送り先に負担がないように事前に話し合いをしておくことも重要です。

また、胡蝶蘭は一定の空間を必要とする花になりますから、もしもお供えとして胡蝶蘭を送る場合、相手に事前に一言話しておくと良いでしょう。

せっかく心遣いで送るのに、相手にとって迷惑となってしまったら非常にもったいないです。そのため、事前に胡蝶蘭を送る、どの程度のスペースが必要、ということを伝えておけると良いですね。

お葬式にお花を贈る場合、相場を超える供花を贈ってもさほど意味がない

ラッピングについて

お供えでお花を送るとなれば、ラッピングが気になるという人もいるのではないでしょうか。

冠婚葬祭のラッピングには一般ギフト用とお供え用がありますので、お供え用を利用しましょう。

お供え用のラッピングは、紫色のペーパーに白の希望を用いることが多いです。

お店によって仕上がりの印象は異なりますので、その店がどのようなデザインをしているのか事前にチェックをしておくと良いでしょう。

お供えで胡蝶蘭を送る場合、立て札かメッセージカードを添えます。

もしも個人ギフトであれば、紙の立て札を用いて 、「供」と書いた上で届け主の名前を記載します。

法人ギフトならば木札を使いましょう。法人ギフトの場合、届け主の会社の名前や役職を記載する場合もあります。

メッセージカードを送るときには遺族に当ててメッセージを書きましょう。

あとがき

胡蝶蘭はお供えとして非常に喜ばれる花ですので、もしも不幸があった場合はぜひ胡蝶蘭を利用してみてはいかがでしょうか。

マナーを守った心遣いができると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です