お葬式にお花を贈る場合、相場を超える供花を贈ってもさほど意味がない

お葬式の場合には、いろいろと気を付けなければならないマナーがあります。そのため、人によってはそのマナーのすべてを把握できずに失敗をしてしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。

お葬式に花を贈る時も然りで、葬式の際にお花をおくるという場合にも気を付けたいマナーが存在するため把握しておくといいでしょう。

お葬式に供花を贈る時のマナー

フラワーギフトなどお葬式の際に供える供花(スタンド花)を手配するという場合には、お花屋さんや葬儀社さんに依頼することがほとんどだと思います。基本的に葬儀にお花を手向ける方は遺族や親族、また生前故人と親交があった方や仕事関係の方などが贈るケースが一般的ともいえます。

供花でのマナーとして、宗教的な面で気を付けるポイントがあります。仏式や神式の場合には、菊や蘭、百合など白い花をメインとしておくこと、他の花などを飾るという場合にも、あくまで白い花をメインとして調整することが大切です。

ですが昨今は故人が生前この花が好きだったからとかこの色が好きだったからという理由で結構華やかな色合いのお花で葬儀をとり行うようなことが多くなってきたように感じています。

あろき

個人的にはこの傾向は歓迎です。和菊メインのお葬式は少々味気ないように感じています。

またキリスト教式の場合には、一般的な葬儀で使う輪菊などではなく洋花メインの供花が多いです。お花の色合いも白中心ではなく華やかな色合いのお花をチョイスする傾向が強いと思います。

基本的にキリスト教式では、名札などを付けないのでこれも覚えておくと良いかもしれません。

あまり相場を超える供花を贈っても意味がない

一般的な供花の相場は、15,000円前後から20,000円前後です。

注意
地域によっても価格は異なりますのでご注意下さい。ただし供花(スタンド花)の最低金額は15,000円という地域が多いと思います。

しかしあまり相場を上回るような供花を贈ることは、ご遺族側にも気を遣わせてしまう可能性があるので相場程度の供花で十分です。

MEMO
現場から言わせてもらえば沢山供花が並んでしまえば見た目相場の金額で贈られてきた供花とあまり違いが感じられないことが多いです。必ずしも相場を上回る金額のものを贈ったからといっても「意味がない」というのはこんなところから感じていることです。

この点を踏まえながら、相場などを参考にして選ぶようにすると良いでしょう。

故人を偲んでお葬式に供花を贈りたいが、お花の相場はどれくらい?

大事なのは名札

と言ってしまうと語弊があるかも知れませんが、参列した人たちはそれ程花単体を見ていません。さらに言うなら遠くから見て「あ~お花がいっぱい並んでいる」程度の感覚だと思います。

大事なのは名札、名前です。

これはある意味花より重要ですので注文する際は漢字の間違いなどないように必ずしっかりと伝えて下さい。

もう一度言いますが「名札、名前」は重要です。

ご遺族への配慮は少なからず必要

最後にお葬式の場合には、ご遺族などもいろいろと忙しく心労なども考えられます。そのため、お葬式時にはご遺族の気持ちなども考えつつ、お花に限らず常識ある行動やマナーを守るということが大切です。

また訃報を受け取る側もそれなりに精神的にショックを受けることが多々あります。

故人に対しての想いが深ければ深いほどこれは当然のことです。

だからこそ葬儀に参列した際は思い残すことがないよう、またしっかりと気持ちに整理を付けるという意味でも故人との別れを行うことが大切だといえます。

世代と共に変わるライフスタイルに合わせて田舎の葬儀事情も変わるべき

あとがき

この記事は「相場を超える供花を贈ってもさほど意味がない」というタイトルの記事でタイトル、内容に対して異論がある方もいると思います。

もちろん貧相な花より豪華な花の方が良いのは当たり前ですが、しかし必要以上に高価な花は要らないというのが、長年花き業界の末端に席する筆者の率直な感想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA