妊娠中や母乳育児中なら「ノンカフェイン」「カフェインレス」のすすめ

めちゃめちゃコーヒーが大好きなんだけれど、妊娠中はもちろん授乳中の赤ちゃんが心配でコーヒーを控えているママさん結構いますよね。

コーヒー大好きには辛いですよね。

妊娠中や授乳中のママでも1日2~3杯程度ならコーヒーを飲んでも問題ないと言われていますが、それでもやっぱりカフェインが気になりますよね。

打倒!カフェイン!!

ももうら

カフェイン

コーヒーに含まれるカフェインは眠気覚ましに成ると言われるくらい脳を刺激する覚醒作用があります。

個人差はありますが、妊娠中・出産後に多量に摂取すると興奮気味になりやすくなったり眠れなくなったりする事があります。また、利尿作用もあるのでトイレが近くなり妊娠中や授乳中不足しやすいカルシウムや鉄分を排出しやすくなります。

赤ちゃんにもあまりい良い影響を与えません。

カフェインは赤ちゃんとの相性悪し!

ももうら

カフェインと言うとコーヒーばかり気になりますが、紅茶やお茶にもカフェインは含まれます。過敏に反応するほどでもありませんが「入っているんだ」程度は認識しておいてください。

カフェインは蓄積する?

元来コーヒーにはカフェインが含まれています。でもこのカフェイン、前項でも書きましたが妊婦さんとの相性は良くないようです。

過度の摂取をしなければ問題ないともいわれていますが、カフェインは体に蓄積します。

摂取量にもよりますが、カフェインの効果が無くなるのはおおよそ8時間~12時間程度かかるとも言われているよ。

ももうら

という事は、コーヒーを飲んで12時間以内に赤ちゃんに授乳すると多少なりとも影響があるという事になります。

授乳中にママさんがカフェインを多量に摂取すると、赤ちゃんもカフェインを摂取していると同じ状態になります。そんな赤ちゃんは、興奮しやすく泣き止まなくなったりするような傾向があるようです。これらの症状は授乳中にカフェインを摂取していないママさんの赤ちゃんと比べて、ママさんが摂取している赤ちゃんの方が顕著に表れると言われています。

MEMO
あくまでこれは毎日大量にカフェインを摂取している場合で、1日コーヒー1~2杯程度であれば、そうそう神経質にならなくても良いかも知れません。

ノンカフェイン

カフェインはちょっと怖いけど、コーヒーも飲みたいというママもいますよね。だったらカフェインなしのノンカフェインコーヒーがあるじゃありませんか。

「カフェインが気になるけどコーヒーが飲みたい」そんなママさんたちに人気です。

ほんわか可愛いネーミングの「ぽぽたん」は「ノンカロリー」「ノンカフェイン」なんです。
ノンカフェインコーヒーを紹介してるんだから当然ですが(^^;

「ぽぽたん」なら妊娠中や授乳中のママも安心して飲む事が出来ます。なんたって「ノンカロリー」「ノンカフェイン」ですから。

さすがに、しつこいか(^^;

ももうら

産後貧血に悩まされていたウチの嫁

現在飲む頻度はだいぶ減ってきているようですが、長女を出産した直後あたりから貧血の症状が重くなり始めました。もともと貧血気味だったのですが産後からその症状が酷くなるばかりで、良く立ちくらみがするとしゃがみこむことがあり大変な時期がありました。

そんなとき通院していた病院の看護婦さんから紹介されたのがたんぽぽコーヒーのようでした。ダメもとで試して見なくらいの感じでした。

このたんぽぽコーヒーは妊娠中や授乳中に不足しやすいビタミンB2や鉄分も豊富に含まれているので貧血などの体質改善に良いかもという事でススメてくれたようです。

嫁は病院の薬と併用してたんぽぽコーヒーを飲んでいましたが、結果から言えば貧血の症状が全く無くなった訳ではないのですが、貧血の起こる頻度と程度はだいぶ軽くなったようです。

病院の薬も飲んでいたので、全てたんぽぽコーヒーのおかげとは言いませんが、体質改善に一役買ってくれた事は言うまでもありません。

ひとこと

この商品はコーヒー風味のお茶という感覚ですね。カフェインは含まれていないので、「苦みが好き」などのコーヒーヘビーユーザーにはちょっと物足りないかも知れません。はい。僕にはちょっと物足りませんでした。

小さな子供でも飲めるような優しいコーヒーですので、コーヒー好きな母乳育児ママからコーヒーは苦手だという母乳育児ママまで健康飲料水飲むくらいの感覚で一度お試しくださいな。

カフェインレスコーヒー

カフェインレスコーヒーとは?
カフェインを含んでいるコーヒー(飲食物)からカフェインを取り除いたもののことを指します。「ディカフェ」などとも呼ばれることがあります。ただし、カフェインレスはカフェイン”0″ではなく限りなく”0″に近いという定義ですのでこの辺はお間違いなく。

一般的に、自然(オーガニック)な方法で栽培されたコーヒー豆を使ったものをオーガニックコーヒーとよんでいます。

オーガニック(有機)と言うと「農薬使用なし」と思いがちですが、これにはちょっと誤解があるようで、オーガニック(有機)と呼ばれるものは安全と認められた農薬や肥料だけを使っているという定義になります。有機栽培だからといって全く自然のままではないという訳です。
ですが、それでもより安全性を求めるならやっぱりオーガニックでしょう。

オーガニックコーヒーは、味が薄いと言われていますが、これは間違いないと思います。中毒一歩手前の僕には少々物足りなさを感じますが、妊娠中や授乳中のママさんが飲むという点ではストレスなく美味しく飲めるコーヒーに仕上がっています。

コーヒーの抽出方法は「ウォータープロセス」

ウォータープロセスとは、まず生豆を熱湯に浸しコーヒー豆から香りや風味、そしてカフェインを抽出します。
この方法を3~4回行うことで、熱湯にすべてが浸みだされるのです。
そして、カフェインは微粒子フィルターにかけることにより取り除きます。
その後、ろ過した熱湯に一度取り除いた豆を浸します。
そうすることで香りと味だけが豆に戻り、それを乾燥させることにより化学物質を含まない香り豊かな豆が誕生するのです。
上記のプロセスにより、カフェインが約97%以上カットされます。

「オーガニックカフェインレス 」は心とからだにやさしいコーヒー

豆はエチオピア産の有機栽培コーヒー「モカ・シダモ」を使用しています。甘美な香りと、独特の酸味、マイルドな味わいがあり、柑橘を思わせる品格のあるフレーバーが特徴となります。

化学物質を一切使用せず、安全にカフェインを除去したママさんも安心のオーガニックコーヒーです。

あとがき

カフェインが気になる人でも通常のコーヒーを適量(1日2~3倍程度)飲む程度ならあまり神経質になる事はないように思います。かえってカフェインの事ばかり気にするとストレスを抱えてしまう事もありますので(^^;

飲むなら適量、ちょっぴり多めに飲みたい場合は「ノンカフェインコーヒー」「カフェインレスコーヒー」などをチョイスして飲んでください。

楽しいコーヒーライフを!そして子育てにばく進してください。∠( ˙-˙ )/

ももうら

おわりです。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA