開店祝いにおすすめのフラワーギフト6選!予算や職種に合わせた贈り物

取引先や、親戚、友人知人から、新しくお店を開くことになったと連絡があった!
そんな時に気になるのは、お祝いのお花を贈るかどうか。

たまに町を歩いていると、新店祝いや改装祝いでお花が並んでいる店舗を見かけますよね。
でも、いざ自分が贈る側になってみると「どれくらいの予算で?」「どれくらいの大きさのお花がいいのか分からない?」なんてこともあります。

今回は、開店祝いに最適なフラワーギフトをご紹介致します!

金額相場はどれくらい?間柄によっては立て札の用意も!

まずは、フラワーギフトにかける金額の相場を見ていきましょう。
必ずこうしなければならないという決まりはありませんが、基本的には先方との間柄で相場を見ていくのがベスト。

  • 取引先の場合は、20,000~50,000円
  • 親戚の場合は、10,000~20,000円
  • 家族の場合は、20,000~30,000円
  • 友人知人の場合は、5,000~15,000円

このくらいが相場です。

あろき

と書きましたが、現場で見てきた感じとしては平均して5,000~20,000円」この辺が相場ですかね。

もちろん、長いお付き合いであったり、とてもお世話になったりした方へのプレゼントであれば、もう少し増やしてもOK。
何人か誘い合わせて連名で贈る場合も、少し豪華にしてもよいかもしれません。
もしくは、追加で立て札や品物のプレゼントを添えて気持ちを伝えるという手段も選べます。
立て札については、「祝」「祝開店」「祝改装」などは、赤い文字自分の会社名や名前などは黒い文字にするのが一般的です。

○○商事

立札は注文するお花屋さんが作成してくれることがほとんどなので、お任せするのが一番でしょう。
立て札があると花体がキリッと引き締まり、お祝いムードを盛り上げる一因になります。

贈るお花がアレンジメントや鉢植えの場合は、立て札でなくメッセージカードを添えるなどするとスマートです。

フラワーギフトは贈る店舗に合わせて、6種類のタイプから選ぼう!

迷ってしまいがちなのは、フラワーギフトのスタイルで、先方の店舗規模に合わせるということが大事です。

開店祝い向けのフラワーギフトには6つのスタイルがあります。
1つずつ見ていきましょう。

胡蝶蘭

開店祝といったらコレ!という定番の商品です。

鉢植えタイプなので、床に直置き、もしくは大きなデスクや棚の上に飾ることが一般的。
飾る面積が必要なので、十分な床面積がある店舗に向いています。
銀行、病院、学習塾、不動産、保険相談カウンターなど、大手企業の新規出店のシーンでよく利用されていますね。

胡蝶蘭というお花自体が「幸福を呼んでくる花」として名高く、とても縁起がいいものです。

鉢植え自体に「地域に根付く」という意味も込められているので、商売繁盛を願う気持ちも一緒に届けることができますね。

ビジネスで胡蝶蘭を贈るならインパクトのあるワンランク上を選びたい 「幸せが飛んでくる」胡蝶蘭はお祝いからお悔みまで対応可能なクィーンオブフラワーギフトです!

スタンド花

こちらも、開店祝いで非常によく使われるタイプの商品です。

基本的には、店舗のすぐ外、もしくは外から見える程度の内側に飾るのが一般的。
そのため、店舗入り口付近にスペースがある場合に向いています。

飲食店、美容院などのビューティーサロン、ホテルや旅館、小売業に最適。
華やかで人目を惹くので、たまたま通りかかった一般の方へ開店のアピールチャンスを呼び込むお花です。

フラワーアレンジメント

比較的リーズナブルな価格でオーダー出来るので、普段の贈り物にも使われています。

小さなサロンや、個人経営のお店にとても適しています。
バスケットやボックスなどの土台部分が両手に収まる程度の大きさのものが多く、レジ横やカウンターの端に飾れるもありがたいですね。

そのまま置くだけで飾れるため、開店準備で忙しい先方の手間をかけさせなくて済むのも高評価です。

ブーケ(花束)

こちらもアレンジメント同様、普段の贈り物にもよく使われていますね。

同じく小さなサロンや、個人経営のお店向きです。

しかしアレンジメントと異なる点は、花瓶に移し替える必要があるということです。
忙しい開店時には少々不向きかも知れませんね。

プリザーブドフラワー

先方のお店がどんな規模感でも贈れるのが、プリザーブドフラワー。
受付やレジ横などに置くと華やいだ雰囲気になりますね。

鑑賞期間も半永久的に楽しめるため、インテリアとしても最適です。

プリザーブドフラワーを綺麗に長持ちさせるための3つのコツ!

ただし、プリザーブドフラワーは1輪1輪が高額なためある程度の金額でないと見栄えはしないかも知れません。

MEMO
現在はプリザーブドフラワーオンリーで作るとあまり大きくならないので「フェイク(造花)」や「ドライフラワー」を混ぜて作り、ある程度の大きさを出す場合があります。

あろき

良し悪しは別にしてネットなどで安価な価格で販売されているプリザーブドフラワーの商品は、ほぼ上記の作り方で販売されていますね。

大きさにこだわりがある場合はプリザーブドフラワーは不向きなので違う選択肢を考えた方が無難です。

観葉植物

こちらも胡蝶蘭と並んで開店祝いの定番商品です。

観葉植物は手入れもそれほど難しくなく、空気清浄作用もあり丈夫で長持ちなものが多いので人気です。
またインテリアとしても人気が高いです。
開店からしばらく経っても長く育てられるので、お店を優しく見守り続けてくれるでしょう。

注意
ただし、基本的に暑い季節の植物ですので温度管理には注意が必要です。
※マッサン(幸福の木)などは寒さに弱いので特に注意が必要です。

また尺鉢と呼ばれる大きい観葉植物はかなり幅を取りますのであまり通路などが狭い店舗には向きません。

開店祝いはルールやマナーを重視して、ベストな選択を!

開店祝いを贈る際は、お祝いの気持ちを乗せるも勿論、ルールやマナーを参考にするのも必須です。
相手が客商売なことも多く、あまり奇抜なものでは困ってしまうこともあり得ます。

それでもどんなタイプがいいか迷うようであれば、思い切って先方に聞いてしまってもOK!

あろき

職種や店舗の大きさ、雰囲気なども考えたら、この選択が一番良いかも知れませんね。

喜んでもらえるフラワーギフトを贈れれば、今後の付き合いも円滑になりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です