「初めての外注記事」納品スピードに驚き、内容に落胆する

このブログではありませんが、記事を外注をしてみました。

もちろん興味本位なのは間違いありません。

初めての記事外注

初めてのお使いよろしく初めての記事外注です。

予算は5,000円~10,000円程度を予定しています。が、正直どのクラウドソーシングを利用すればよいのかさっぱり見当がつきません。

有名どころだと「ランサーズ」「クラウドワークス」などのようですが、サッと見た感じ何となく敷居が高いというか色々と面倒な感じがします。

そこで今回選んだのが「Shinobiライティング」です。

評判を調べてみると「ダメだ」「ライターの質がバラバラで使えない記事が多い」とかいう辛らつなご意見もある半面、「なかなか良い感じ」「納品が早くて驚いた」などなどおすすめ的な意見もあったりします。

しかし自分で確かめないことには、その言われていることの信憑性も定かではないように思うので、ダメもとで依頼してみました。

あろき

使えないと分かればブログのネタにでもするとします。

記事依頼

記事の依頼は至ってシンプルです。

「かんたん」「エクセル」「見出し付き」の3つの依頼方法から選びます。

今回は「かんたん」発注で文字数1000文字×5記事で依頼してみました。

※5,000円未満の場合、事務手数料が160円かかります。

上段の必須と書かれた「ジャンル」「記事タイトル」「キーワード」「記事数」を適時記入します。

以上で依頼は完了です。

あろき

拍子抜けするくらい簡単です。

これで良質な記事が納品されたらいうこと無しなしですね。

MEMO

「Shinobiライティング」直だと文字単価1円だけど、afb経由で記事発注すると文字特別単価0.6円になります。

「ツール」→「Shinobiライティング×afb」

※afbの会員登録が必要です。

納品までの流れ

申し込み→簡単な申し込み内容の審査→決済→納品

参考 お申込みから納品までの流れ

文字単価「1円」

文字単価「1円」?

正直これが高いのか安いのかはたまた適正単価なのかどうなんでしょうね。

発注元からすれば、安ければ安い方が良いに決まっているし、ライターさんにすれば文字単価1円程度ではやる気が起きる訳がないと思っているはずです。

どちらにしても双方納得する金額で仕事が成立することは限りなく少ないのでしょうね。

余談

ランサーズをちょっと覗いて見たら、文字単価0.5円いやそれ以下の金額での発注が結構ありました。それでもその金額で仕事を引き受けるランサーさんが一定数いて、どんな記事を書くのか興味があります。

あろき

薄利多売?やっつけ仕事なんだろうな。

記事納品

記事が納品されました。

ちょっと驚きなのが午前中発注して夕方には5記事全て完納されました。

肝心な記事はといえば、5記事中3記事は「使えないかな」という感じです。

2記事は文章がブツブツと切れて箇条書きのような記事でした。もう1記事はあからさまに同じ内容を繰り返して何書いているか分かりませんでした。

早々期待はしていませんでしたが、まさかこんなレベルとは残念です。

残りの2記事については好印象の記事で「結構よく調べてまとめてくれているな」と感じるような記事でした。

MEMO
ちなみに依頼した記事は自分の得意分野というか仕事関係の物でかなり知識のあるものです。

思うに記事に完璧を求めるのは少々無理があるようで、記事毎のクオリティで使う場所を決めた方が無難なようです。

例えば「メインサイトで使えるもの」「サテライトで利用するもの」や「一部だけレビューとして利用するもの」などと分ける感じです。

あろき

まあ一部だけ利用するのはコスパ悪すぎかな。。

丸投げした結果

多分今回の記事は複数のライターさんがそれぞれ個別に書いたものだと思われますが、ライターさんの力量の違いをまざまざと垣間見てしまったような気がします。

簡単な情報だけを入力して、あとは丸投げは無理があって、やはり細かな情報を伝えないとこちらが欲しい記事は出来上がってこないようです。

あとがき

今回はライターさんの当たり外れが顕著に出てしまったように思います。

また次回お願いするようなことがあれば今度は「かんたん」発注よりはこちらの意図をもう少し詳しく伝えることが出来る「見出し付き」発注でチャレンジしてみようか?と思います。

ただあのスピード納品は圧巻でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA