ここ一番のフラワーギフトなら幸せを運ぶ清楚で可憐な胡蝶蘭を贈っておけば間違いなし

商売柄、なにか祝い事があれば胡蝶蘭を使います。
個人的には胡蝶蘭は万能な贈り物だと思っています。

大切な人へやお世話になった人への「ありがとう」を伝えるお花としてとても人気のお花です。

胡蝶蘭の色は一般的に認識されているのは白やピンクなどですが、現在は品種改良などで白やピンク以外の色合いの品種も多く存在します。
どれにも共通しているのは可憐なシルエットということです。視覚的な印象として女性的な優しさを感じさせ、さらに色合いがとても繊細であることも特徴といえます。

学名:Phalaenopsis Hybrids(ファレノプシス)
別名:ファレノプシス(Phalaenopsis) 科属名:ラン科ファレノプシス属
用途:開店・開業・開院祝・新築祝/移転・リニューアル祝/当選祝/誕生日・結婚・出産祝/長寿祝/定年・退職祝/お悔み・仏事用など

大切な人に贈るなら可憐で繊細な胡蝶蘭

贈る場合はその方のイメージに合わせて贈るのも良いかもしれません。
例えばイメージカラーで贈るなら

・清潔で可憐なイメージの方には清楚な雰囲気の白系の胡蝶蘭。
・ほんわか優しい方には、優雅で優しい雰囲気のピンクの胡蝶蘭
・ちょっぴり派手目な方には、コントラスが綺麗な通称赤リップと呼ばれる赤白の胡蝶蘭

こんな感じで選んで贈るのも面白いかも知れません。

鑑賞期間を考えれば胡蝶蘭が高くはない

胡蝶蘭は高貴な花のイメージゆえ価格が高いという印象を持っている人は多いと思います。

当然ですね。実際高価ですから。

しかし、鑑賞期間を考慮すると、他のお花と比べても決して高くはありません。
実際切り花なら10日、持って半月程度ですが胡蝶蘭の場合は2ヵ月以上は十分綺麗な状態で鑑賞できます。
※鑑賞期間が管理する場所によっても多少前後します。

胡蝶蘭は生命力がとても強いお花なので、コストパフォーマンスの面でも非常に優れており、長く鑑賞することを前提にすると、とてもリーズナブルなお花とも言えなくはありません。
購入金額を日割り計算すれば絶対的に胡蝶蘭がお得であることが分かると思います。
また最近は比較的安価なミディー系の胡蝶蘭も多く出回っていますのでご予算や用途に合わせて贈って見て下さい。

花言葉に込めるメッセージ

花をプレゼントするときにちょっと気になるのは花言葉です。
ましてや大切な人に贈るのであれば、その方に対しての思いを代弁してくれる花言葉のある花を選びたいものです。
胡蝶蘭は「幸せが飛んでくる」という花言葉を持ち、見た目からも連想できるように幸福がフワフワと飛んでくるイメージがあります。

そういう意味からも胡蝶蘭は最適であり、それどころか自分の思いを伝えるには非常にふさわしいお花といえます。

胡蝶蘭を贈ることで、あなたの気持ちを上手に伝えられるかもしれません。

他にも、青い胡蝶蘭には「愛」「尊敬」、黄色い胡蝶蘭には「活発」「幸運を呼び寄せる」という花言葉があります。
ビジネスシーンのみならず身近な人に贈る際にも重宝しそうですね。

胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」です。

色に込めるメッセージ

花言葉にも少し関連してきますが、色に意味を持たせるのも効果的な手法の1つで、色味を工夫してみると面白いかもしれません。
一般的に、還暦は赤、古希・喜寿・傘寿・卒寿・米寿は紫、白寿は白がお祝いカラーとされています。
胡蝶蘭はカラーバリエーションが豊富で、比較的好みのカラーが選びやすいです。
定年退職などの年には、リップ系と呼ばれる紅白の色味がある胡蝶蘭も人気です。
※通称「赤リップ」と呼ばれる胡蝶蘭です。

寿命(花持ち)の長さに込めるメッセージ

他にも多数のフラワーギフトがある中で、胡蝶蘭の特徴として挙げられるのが「寿命(花持ち)の長さ」です。
花が散ったり落ちたりしてしまっても、それで終わりではありません。
温度管理などに気を付ければ、家庭栽培でも10年くらい毎年咲き続けることもあります!

ただし、手間を惜しまないメンテナンスは必要です。

一般的なプレゼントの形である鉢植えのまま育てたとしても、1~2ヶ月程度咲き続けるのが一般的。
切り花だと1週間くらいで枯れてしまうこともある中で、この寿命の長さは貴重です。

「いつまでも健康で長生きしてね」というメッセージを込めて贈るお花として最適です!

花の見た目に込めるメッセージ

胡蝶蘭は、上品で華やかなイメージのあるお花で、その名の通り、蝶が舞うような優雅な印象を与えます。
形だけではなく、花弁の厚みもポイントです。
ミニブーケやバスケットアレンジメントと異なり、ボリューム感を出すことが可能です。
大きくて肉厚な花びらは、自信に満ち溢れているような力強さを感じさせてくれるのではないでしょうか。

ビジネスにおける定番のフラワーギフトと言えば胡蝶蘭

品があり値段も手ごろなので就任祝いや昇進、栄転祝いに贈る花で迷うのなら、胡蝶蘭を選べばまず間違いはありません。
さすがに食べるものや衣服なんて持って行く人はなかなかいないと思いますが、2~3万程度でこれほど華やかで喜ばれる商品は胡蝶蘭の他にはないのではないでしょうか?花貰って嫌がる人はそうそういないのですからね。

選ぶ際のワンポイントアドバイス
  • 春~夏期:蕾の多いものを選ぶ
  • 秋~冬期:比較的開花しているものを選ぶ
  • 胡蝶蘭は寒さに弱く冬期は開花しないで蕾のまま落ちてしまうことがあるので、寒い時期は比較的咲いているものを選びましょう。

リーズナブルな値段で手間も掛からない

就任、昇進や栄転祝いに贈る胡蝶蘭の相場は平均10,000円から30,000円程度なので、手ごろの値段で品のあるフラワーギフトなら、胡蝶蘭一択と言っても過言ではないでしょう。
また、胡蝶蘭は香りが少なく、花粉もほとんど飛ばない上に簡単に手入れするだけで長持ちするので、室内装飾品としても好まれます。
※贈る金額はお付き合いの程度で変動することがあります。

就任祝いや昇進祝で贈るなら、四の五の言わずに胡蝶蘭が断然おすすめでしょう。

あとがき

あえて胡蝶蘭をフラワーギフトに選ぶ理由がもう1つあります。
それは、圧倒的な「お手入れの手軽さ」です。
花瓶やプランターなどを必要としてないので、 プレゼントされた状態でお部屋等に置いてすぐに飾れます。

7~10日に1度お水をあげる、枯れてきた花びらを取ってあげる、くらいのお手入れでも、切り花と比較したら圧倒的に長く楽しむことができます。

開花時はさほど難しい管理は必要ないので、お花の世話が得意ではないお父さんでもOKなのは嬉しいポイントです。
花粉や香りも強くないので、リビングだけでなく寝室や書斎など、どんな場所に置くのにも適しています。

大切な人へ胡蝶蘭を贈ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です