過度のカフェイン摂取でめまいや吐き気を感じたら優しい白湯の出番!

僕の周りにも結構「コーヒーは体に合わないから飲まない」と言う人がいます。そんな「コーヒーはNO」の人が仮にコーヒーを飲んで体調を崩してしまった場合の対処方法などを紹介します。また、この方法はコーヒーの飲み過ぎによる目まいや吐き気などにも効果的な対処方法です。

ズバリ一番の対処方法はコーヒーを飲まない事で、これに尽きますね。極論ですが(^^;

ももうら

コーヒーを飲むと体調がすぐれなくなる原因と対処方法

コーヒーを飲むとめまいや吐き気等で体調を崩される方が少なからずいるようです。というかカフェインは受け付けないという人は結構いるようです。

カフェインがなくてはコーヒーではありませんが、カフェインの摂取は一長一短ありますから気を付けなければいけませんね。

特に妊娠中や授乳中のママさんのカフェイン摂取にはご注意を!!

授乳中にママさんがカフェインを多量に摂取すると、赤ちゃんもカフェインを摂取していると同じ状態になります。そんな赤ちゃんは、興奮しやすく泣き止まなくなったりするような傾向があるようです。これらの症状は授乳中にカフェインを摂取していないママさんの赤ちゃんと比べて、ママさんが摂取している赤ちゃんの方が顕著に表れると言われています。

妊娠中や授乳中のママさんがどうしても飲みたいときはカフェインレスコーヒーがおススメですね。けれど飲み過ぎはいけませんよ。

カフェインレスコーヒーとは?
カフェインを含んでいるコーヒー(飲食物)からカフェインを取り除いたもののことを指します。「ディカフェ」などとも呼ばれていますが、より美味しく安全重視なら二酸化炭素抽出のものを選ぶべきです。少々値段は高くなるけど(^^;
ただし、カフェインレスはカフェイン”0″ではなく限りなく”0″に近いという定義ですのでこの辺はお間違いなく。

体調不良になる原因

基本的に「コーヒーが嫌い」「体質に合わない」人はそうそう飲む機会はない、いや飲まないと思いますが、なぜこのような症状が出るのでしょうか。

胃酸の分泌

コーヒーには胃酸の分泌を促進する成分が含まれているので必要以上に胃酸が出てしまうと胃もたれなどを起こして吐き気などの症状が出る事があります。

カフェイン

カフェインの特徴の一つでもある覚醒作用により自律神経のバランスが乱れることで、めまいや吐き気を起こすこともあります。

注意
症状には個人差があります。

対処方法

コーヒーを飲んでめまいや吐き気など体調不良を起こしてしまったら、とにかく体内のカフェインを排出させることを一番に考えて下さい。

水分をとることが前提ですが、特に効果的なのが「白湯」と言われています。
温いお湯のことです。冷たい飲み物より胃にあまり負担がかからない暖かい飲み物の方がより効果があるという事です。

個人的にはあまり体調の変化は無いのですが、一度だけ空腹時に立て続けに飲んで気持ち悪くなったことがあります。そんな状態の時に飲む方も飲む方なので当然といえば当然ですが、その時は、軽くストレッチなどしたら症状が和らいだのでストレッチなども効果的でした。

お試しください。

注意
ただし、上記の方法で改善されない場合は速やかに専門医などに相談してください。

楽しいコーヒーライフも過度のカフェイン摂取には特に注意が必要

何事にも「適度」「程度」があるので一応、過度のカフェイン摂取をすると、どんな症状が出るのか確認程度に見て下さい。

また下記で紹介している症状が多く当てはまる人は、多少なりとも生活習慣の改善をした方が良いです。

カフェイン依存症

精神症状
落ち着きがなくなる、緊張感、感覚過敏、多弁、不安、焦燥感、気分高揚、一時的な不眠症を生じる。重症になると、精神錯乱、妄想、幻覚、幻聴、パニック発作、取り乱す、衝動性などが現れ、酷いと自殺行為に及ぶ場合まである。神経質な人やうつ病、不安障害、パニック障害などを患っている人は重症化しやすく、症状の悪化をきたしやすい。

身体症状
胃痛、胸痛、吐気、嘔吐などの消化器症状、心拍数の増加(時に不整脈)[5]、心筋収縮の促進、心室細動、血流増大、動悸、呼吸が速くなる、頻尿など、循環器の症状。また一時的な筋骨格の持久力増進、振戦、むずむず感を生じる。重症化すると、足がつるなどの痙攣を起こし、歩行が困難になる。また、瞳孔拡大や顔が赤くなったり、頭痛を引き起こす。

引用 カフェイン中毒

カフェイン依存症度チェック

以下の項目の症状が少なからずあるという人は「カフェイン中毒」「カフェイン依存症」の疑いがあるかも知れないという事です。

  1. 毎日必ずコーヒーを飲むことが習慣化になっている
  2. 美味しくて飲んでいるというより眠気覚ましとしてコーヒーを飲んでいる
  3. 毎朝コーヒーを飲まないと頭痛がしたりイライラする
  4. コーヒーを飲まないとテンションが下がり気分が憂鬱になる事が多い
  5. 日増しにコーヒーを飲む量が増えている
  6. ノンカフェイン飲料を飲んでも美味しくない

などなどです。

当てはまるのは「毎日必ずコーヒーを飲むことが習慣化になっている」位なのですが、それでも大いに「カフェイン依存症」の疑い有かな。

ももうら

チェック出来るサイトがあったので試して見た

今更、胸張って言える事ではありませんが、管理人は結構なコーヒーヘビーユーザーです。日にもよりますが1日5~6杯程度は飲みます。多い時はもっと飲みますが、とりあえず今のところ体の不調などありません。

不調などありませんが、チェックなどしなくても完全なカフェイン依存症の判定が出るんだろうな・・多分(^^;

ももうら

参考 「カフェイン依存症度」チェックdiagnosis チェック15項目ありました。どきどき!

結果は「【注意】カフェイン依存の可能性があります」でした。ふむふむ!!

ただ当てはまった項目は2項目だけだったのでこの結果はどんなもんでしょうか。可能性という意味で言えば、コーヒーなどカフェインが含まれる物を飲む人は少なからず可能性があるという事でしょう。

カフェインのメリット

カフェインにもメリットは多くあります。

「覚醒作用」「鎮痛作用」「ダイエット効果」「死亡リスクの低減」
参考 コーヒー摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について予防研究グループ

しかしこれらは過度にカフェインを摂取するとデメリットになる場合もあるので適度にほどほどに適量を飲むように注意しましょう。

何事にも「適度」「程度」です。

やっぱり飲み過ぎは注意が必要ですね。

健康第一です。

あとがき

今まで散々カフェインが悪玉菌のごとく書いてきましたが、普通に「1日3~4杯程度」飲むなら何ら問題はありません。バケツのようなバカデカいもので「1日3~4杯程度」ではありませんよ。そんな人はいないと思いますが(^^;

コーヒーを飲むことで目が覚めると思っているのは脳が誤作動しているから

すべからくカフェインがダメではなく過度の摂取が問題ですので正しく適量を守って楽しいコーヒーライフを楽しみましょう。
美味しいコーヒーをいつまでも飲みたいですからね∠( ˙-˙ )/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA