「ページがモバイルフレンドリーではありません」の確認対応

モバイルフレンドリーって何?解決までに3日はかかるもも吉(@h_momokichi)です。

スポンサーリンク

モバイルフレンドリー

色々機能面を考慮して「Simplicity1」から「Simplicity2」へ移行しました。(別サイトです)
「Simplicity1」のままでも良かったんだけどブログカート等がちょっと使いずらかったので、この際思い切ってテーマ変えてみました。

多少面倒な個所はあったけど無事移行も済んだところで何気にサイト検索してみたらなんと見かけない文言が現れていた。

「ページがモバイルフレンドリーではありません。」

何これ?

この文言、サイト管理者のみ見えるようで他の閲覧者には分からないようだけど、突如現れたもんだからちょっと焦り気味。テーマ変更が原因とも考えづらいので何はともあれ確認の意味でも「モバイル フレンドリー テスト」「GoogleSearchConsole」をチェックしてみた。

モバイルフレンドリーとは

WEBサイトなどの表示をスマホ対応(最適化)させることです。

以下の条件を満たしたページは、[スマホ対応] ラベルが適用される可能性があります。

  • 携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用していないこと
  • ズームしなくても判読できるテキストを使用していること
  • ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないよう、コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること
  • 目的のリンクを簡単にタップできるよう、それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること

引用 検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために

モバイル フレンドリー テスト

結果から言うと問題なし。そうだろうそうだろう。

mo-26

確認 モバイル フレンドリー テスト

GoogleSearchConsole

GoogleSearchConsoleのモバイルユーザビリティレポートでもとりあえずチェックしてみた。

mo-27

何故か個別ページでエラーが出た。うそ~~だろ。

エラーメッセージ
クリック可能な要素同士が近すぎます。
コンテンツの幅が画面の幅を超えています。
参考 リンクやボタンのサイズの設定について

再度確認

この問題のあると指摘されたURLをモバイル フレンドリー テストしてみた。

mo-28

結果は問題なしでした。当然だろう。けれど、どれを信じて良いでしょうね。

あっ、これか∠( ˙-` )/

モバイルフレンドリーテスト ツールでは合格しているのに、ウェブマスターツールのモバイルユーザビリティ レポートでは、エラーが通知されることがある。ほとんどの場合理由は単純で、最新の状態がモバイルユーザビリティレポートに反映されていないため。

最新の状態がモバイルユーザビリティレポートに反映されていない事が原因なようです。なので反映までには少々時間がかかるようです。

基本的にモバイルフレンドリーテストで合格であれば、モバイルフレンドリー対応は完了しているとの事です。

とりあえず安心、気長に待つとしましょう。

追記 翌日モバイルフレンドリーになり「ページがモバイルフレンドリーではありません」は消えました。

あとがき

昨日までなかったエラーメッセージや警告等が急に今日になって現れるとWEB関連の知識に乏しいものにとって慌ててしまいますね。手掛かりを求めてGoogleのヘルプに入ってみても小難しい専門用語がこれでもかと出てきて理解できない事もあるし。

xm-109

まぁ、畑違いの仕事をしているので色々憶えなきゃならない事が多いけど、日々勉強です( ˘⊖˘).。oO(算数嫌いやけど)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で