「ほったらかしでも月10万円」そうそう簡単じゃないミニサイト構築

最近ミニサイトとなる言葉をよく目にする事があって、ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法が気になるもも吉(@h_momokichi)です。

スポンサーリンク

ミニサイト

著者さんのプロフィールを見て、イケメンだなと思ったら女性でした。表だっていう事ではありませんが٩(•́д•̀)۶大変失礼しました。

ミニサイトの特徴

コンパクト
サイズ
少ないものは5記事程度、多くても数十記事。数日で制作完了するものも。訪問者が必要とする情報を短時間でさくっと読み理解&満足できるコンパクトサイズ。
対テーマ
網羅性
テーマを絞ることで、そのテーマに対するコンテンツ網羅性を高め、サイトとしてのクオリティを高める。情報収集力に乏しい個人でも高い評価を得られるサイトを目指す。
全体設計
かっちり
想定訪問者のニーズを前提に、全体構成(コンテンツ内容やトップページレイアウト、導線など)を事前にかっちり設計し作り込む。訪問者がぱっと見で全体把握できるのが理想。
短期で
制作可能
長期にわたって継続更新していく前提のブログと異なりひとまずの「完結形」があり、ニッチテーマゆえ制作も比較的短期間で終わり、その後の運営負担も軽い。

出典 ブログ記事リサイクルでミニサイトを作ろう

個人的な感想

僕のような初心者にも分かりやすくサイト構築について書かれていますので大変参考になりました。しかしその反面著者さんも言われていますが、タイトルにもある「儲ける方法」という部分がちょっと薄かったように感じました。まぁ、大人の諸事情という事ですが・・。

それでもサイトを作る取っ掛かりみたいなものはすごく参考になったので益々妙味が湧いてきました。偉そうですが(^^;

ミニサイトについての記事

最近はウェブで情報発信というとブログかソーシャルメディアを思い浮かべる方が多いでしょう。どちらも更新が前提なので、構造的に過去記事が埋もれてしまい、本当に読んで欲しい記事を読者に届けられないことが多いです。ほったらかしでも月10万円! ミ&&
個人ブログ界で私がひっくり返っても勝てないと常々思っているひとの1人、Wada-blogの和田亜希子さんが「ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法」という本を出版されていて、その貴重な一冊を送ってくださいました。ありがとうございます! この本、タイトルの「儲ける法」に気を取られてしまうと、よくあるマ...
私がミニサイトを作らない理由(ワケ) 最近のトレンドである「ミニサイト」 先日、ミニサイトに関するご質問をいただきました。 +++++++++++++++++++++++++++++++ 山本様はミニサイト作りは考えておられないのでしょうか? ミニサイトは実際どうなのでしょうか? 山本様が実践されてるパワーアフィリエイ...

あとがき

著者さんが作られたミニサイトを見させて頂いたのですが、「これミニサイトか」というくらい結構なボリュームのサイトが多数でした。

よく「どんなミニサイトを運営しているのですか?」と聞かれるので、その一部をご紹介...

当初はペラサイトのちょっと大きめのサイト位の認識でしたが、ニッチなテーマと言ってもそれ相応に作りこまないと勝負にならない感じです。

何はともあれ実際に作ってみないと何とも言えませんが、作ってみる価値はありそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

フォローする