「Google AdSense」モバイル専用の「ページ単位の広告」を試して見た!

もちろんゴールデンウィークも仕事の”ももうら”(@28momoura)です。
しかし10連休なんて羨まし限りです。願わくば、1年ぐらい休暇を取ってみたい(TωT;)/

今回は新しい「Google AdSense」広告の設置方法やらです。

ページ単位の広告

久しぶりに「Google AdSense」を見に行ったら何やらお知らせがありました。
xm-55
モバイル専用の新しい広告のβ版です。広告のフォーマットは2種類あって「アンカー広告」「モバイル全画面広告」があり、コードを取得してページの <head> タグ(または、<body> の最上部)に広告コードを配置するだけのようです。
設置方法 ページ単位の広告のコードをページに追加する

「Google」の広告制限数は3つまでですが、この広告は制限外となりますのでモバイル広告は4つ設置出来る事になります。いかんせんβ版なので将来的には変わる可能性もあります。

「アンカー広告」

ページの下部に固定されるモバイル広告で、ユーザーは簡単に非表示にできます。オーバーレイ広告のようなものです。「nend」にもこんなタイプの広告あったような。

「モバイル全画面広告」

ページ全画面広告で、サイトのページの読み込みの間に表示され、こちらもユーザーが簡単に非表示にできます。ページ上のハイライト表示されているリンクのいずれかをクリックするといきなり出るのでちょっと初めは驚くかも(^^;

設置後の動作確認方法

スマホなどから適当なページのURLの最後に「#googleads」を追加。例えば以下のような感じです。

参考 Google AdSenseのページ単位の広告についての動作確認方法

エラーなどもあるようなので確認して見て下さい。

まとめ

とりあえず3つより4つのほうがクイック率も上がる?と思いますので、「Google AdSense」のクイック率がいまいちな方は試してみる価値はあると思います。ダメならすぐに外すこともできますから迷わず設置ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA