季節のガーデニング「冬を迎える支度」と「冬の間に行う準備」を始める

徐々に眠りにつくかのように、静けさを増していく冬の庭。
少しもの寂しい気持ちになりますが、植物がお休みに入る冬の間も、ガーデニングにはやっておきたいことがたくさんあります。

今回は、冬を迎えるにあたりやっておきたい支度と、冬の間、春を迎えるためにおススメしたい準備をご紹介します。

冬を迎える支度

本格的な冬を迎える前に行っておきたいのは、主に植物の寒さ対策です。

防寒対策

冷たい風や霜に直接当たると、程度の差はあれど草花のほとんどはダメージを受けます。
そのため、それぞれの植物の耐寒性に合わせた対策をとることをおススメします。

  • 耐寒性の弱い植物は室内、温室へ移動する
  • 外で冬越しする鉢植えなどは、寒冷紗で覆うなどの対策をとり、寒風、霜を当てない
  • 地植えで冬越しする草花にマルチングを行う
  • プランターやコンポートにカバーを巻くのも、寒さ対策として効果的

耐寒性は、草花の苗を購入したときのタグに書いてあることが多いです。
それぞれ耐えられる気温に対応した管理を行いましょう。

これらの防寒対策ですが、夏が過ぎて気温が低くなってきたからといって、すぐ行う必要はありません。
実害の出ない程度に寒さにさらすことで、植物の耐寒性を増すことができますので、草花もトレーニングを行うことで、冬を越えることのできる可能性が上がるのです。

水やりの方法を切り替えよう

夏の間、水やりは早朝と夕方の1日2回が基本でしたが、秋から冬にかけて徐々に回数を減らします。
また、水やりの時間も調整の必要が出てきます。

夏と同様に、早朝、あるいは夕方に水をあげるてしまうと、気温が低くなる時間帯に向けて土に水分が増えることになってしまいます。
秋口ならともかく、冬場は霜柱が発生して草花の根を切ってしまう原因になります。

土が乾燥したな、と思ったら、そこからさらに2日ほど空けて水やりをするぐらいで十分です。

冬の間に行う準備

さて、いよいよ冬を迎えたら、草花に直接手を入れるガーデニング作業はほとんどがお休みになります。
その間に、春に向けてやっておきたい準備を見てみましょう。

来年のガーデニング計画を立ててみる

次にきたる春以降の季節に向けて、一年間のガーデニング計画を立ててみることをおススメします。

一度春が来てしまうと、ガーデニングにおいてやるべきこと、やりたいことがどんどん押し寄せてきますので、落ち着いて計画を練ることができるのは、冬のうちだけと言っても過言ではありません。

どんな庭を作りたいのか、何の花を咲かせたいのか。

イメージが出来たら、具体的に植え付けたい草花、樹木のリスト作ってみましょう。
それぞれについてリサーチしていけば、ガーデニングの作業日も大体決まってきますので、固まったスケジュールをスケジュール帳やカレンダーのアプリなどに書き込めば、来年の予定表の出来上がりです。

また、このガーデニング計画の良いところは、来年のガーデニング予算も大体決まってくること。
どの趣味でもそうですが、先立つものがかかるのはガーデニングも例外ではありませんので、大体何にどのぐらいお金がかかるのか、確認しておくことをおススメします。

ガーデニング道具、雑貨、その他物品の点検を行う

普段使いの道具や庭置きの雑貨、フラワーラックなど構造物の点検をゆっくり行えるのも、この季節ならではです。
ガタがきているものはないか、塗りなおしをしておきたいものはないか、買い替えをしたほうがいいか、といった総点検を行いましょう。

冬のガーデニングだからこそ強くおススメしたい便利グッズ7選

土づくりを行う

草花に栄養を供給し古くなった土を再生させるのも、この時期の大事な仕事です。
仕事を終えた草花を土から除いたら、土を掘り起こして、残ってしまった根や、混ざっている石を取り除きます。

この掘り起こした土を塊のまま冬の冷たい空気にさらしておくと、土中の害虫や、病原菌を駆除することができると言われています。

この土を起こす作業を「寒起こし」と呼びます。

この寒起こしを行うことで、害虫や病原菌の駆除のみならず、通気性のよいふかふかとした土になります。
家庭菜園を行うガーデナーには、特におススメしたい手法です。

バラの剪定

これは庭にバラを植えているガーデナー向けの作業となります。

冬の間にバラの枝を切り戻すことで、次の開花時期にいきいきとした花を咲かせます。
弱った枝、痛んだ枝や、病気にかかっている枝を切ってしまい、太い枝だけを残して来年に備えるのです。

春に咲く球根植物を植える

アイスチューリップと呼ばれる冷蔵処理を施されたチューリップの球根は、1月に植えても春に花を咲かせてくれます。

冬の間ゆっくりと生育を見守りたいのであれば、選択肢の一つとしておススメします。

ゆっくりと春を待つ季節

冬は、どの植物も基本的に生育が遅く、また、地域によっては雪に閉ざされてしまうため、ガーデンがお休みをとる時期です。
ガーデナーにとっては、冬に咲く花をゆっくりと楽しみながら、春以降のためにコツコツと準備をする季節でもあります。

鮮やかに花咲く庭を思いながら、ひとつひとつ支度をこなして、楽しみを育てていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です