ブログの初め方

ここ一番!プロポーズに「枯れない魔法のお花」を添えて告白する

一生に一度の特別な時間「プロポーズ」。人生のとても大切なその瞬間に、お花を贈りたいと思う方も多いのではないでしょうか。彼女の「YES」を引き出すためには、どのようなお花を選べば良いのでしょうか。

プロポーズのときのお花の選び方をご紹介します。

指輪は自分で好みのものを選びたいという女子が実は多い

結婚指輪の入ったリングケースを目の前でパカッと開けて「結婚しよう」というシーン、映画やドラマで見たことがある方も多いのではないでしょうか。女性の憧れともいえる夢のようなシーンですが、実は、意外にも「指輪は自分で選びたい」という女性が少なくありません。

アクセサリーは女性の好みが強く反映されるものなので、選ぶのは大変難しいものです。結婚指輪は一生に一度の、しかも普段よりもちょっぴり高価なアクセサリーです。男性としても彼女が喜んでくれるものを贈りたいですよね。プロポーズを成功させたあと、彼女と一緒に指輪を買いに行くのはいかがでしょうか。指輪を実際にはめて確かめることができるので、サイズ違いの心配も不要になります。

プロポーズは指輪がなくてもお花があれば、気持ちが伝わりやすくおすすめです。普段使いの花束とは少し印象の異なるお花を用意して、彼女に特別感を感じてもらいましょう。幸せなシーンがイメージできるように、全体的に華やかで明るいカラーのお花を選ぶことをおすすめします。

YESを引き出す鍵は「枯れない魔法のお花」

お花を贈るといってもさまざまなタイプがありますが、プロポーズにおすすめなのが長くキレイな状態が楽しめる「プリザードフラワー」です。お花を贈るというと、生花をイメージする方も多いものですが、プロポーズのお花を選ぶときは、贈ったあとのこともイメージしておくことがポイントです。

生花は香りが良く、お花としての楽しみが多いものですが、プリザードフラワーであればきれいな状態を長くキープすることができ、プロポーズの記念として長く飾っておくことや、商品によっては、結婚式のリングピローに使えるものもあります。特に夏場は、生花は管理が難しいため要注意です。

枯れないことは、贈り主が彼女に永遠の愛を捧げるというイメージもあり、彼女のYESが引き出せそうな気がしませんか?

【シーン別】プロポーズに最適なプリザードフラワーの選び方

プロポーズのシーン別におすすめのプリザードフラワーをご紹介します。プロポーズの参考にしてみてくださいね。

指輪を渡すスタンダードなプロポーズ

もうすでに彼女の好みはリサーチ済みで、指輪とともにプロポーズしたいという場合には、指輪を引き立てるように、お花は控えめのものがおすすめです。

スタンダードなプロポーズシーンには、1輪のバラのプリザードフラワーを添えてみてはいかがでしょうか。バラは1本で「あなたしかいない」、赤いバラは「愛しています」の花言葉を持っているため、プロポーズにぴったりですよ!

大きな花束を渡すクラシカルなプロポーズ

古い映画のワンシーンのような、大きなバラの花束をプロポーズに渡したいという場合でも、プリザードフラワーを使用できます。大きな花束といえば、生花のイメージが強いものですが、プリザードフラワーを束ねて花束にしてもOK!

生花で作る花束特有の濃い良い香りというのは味わえませんが、その後帰宅してお花を生けておくときに、プリザードフラワーであれば特別な手入れをしなくても、長くキレイなお花が楽しめますよ。

サプライズとして彼女の部屋に花束を仕掛けておくなど、長時間放置する場合にもプリザードフラワーであれば、お花が傷んでしまう心配がいりません。


静かな空間でおこなう音楽が決め手のプロポーズ

たとえば車の中のように2人きりの静かな空間でプロポーズをするときには、オルゴール付きのケースに入ったプリザードフラワーはいかがでしょうか。フタを開けると音楽が流れるタイプであれば、その音楽が2人の結婚の思い出の曲になりそうですね。

結婚式当日の音楽としても使えるような曲や、2人のこれまでの思い出の曲を選べば、ますます幸せ感が増しそうです。


王子様がお姫様を迎えるような気分でおこなうロマンチックなプロポーズ

ロマンチックなサプライズが好きという彼女には、ガラスの靴に入ったプリザードフラワーがおすすめです。シンデレラを連想させるガラスの靴は、プロポーズのシーンにぴったりです。王子様が長く探し続けたお姫様と出会えたというロマンチックなシーンを2人で楽しんでみてはいかがでしょうか。

渡す場所もロマンチックな場所をしっかりとリサーチして、思いきり雰囲気を高めたプロポーズに挑んでくださいね。


結婚式当日にも使えて思い出に残せるプロポーズ

記念日や思い出のもの集めが好きというカップルにおすすめなのが、リングピローにもなるプリザードフラワーです。結婚式当日にも使用でき、結婚式のあとはそのままインテリアとして飾っておくことができます。

ロマンチックなプロポーズで紹介したガラスの靴タイプでも、リングピローになるものもあります。プリザードフラワーに使用しているお花の色と、結婚式当日のブーケの色を合わせると全体的にまとまりの良い雰囲気になるので、覚えておいてくださいね。

まとめ

素敵なシーンにお花の存在は欠かせません。プロポーズという一世一代の大きなイベントに、素敵なお花を上手に活用してみてくださいね。

枯れずにキレイな状態がキープできるプリザードフラワーは、永遠の愛を誓うプロポーズのシーンにぴったりです。彼女好みのキレイなお花で彼女のYESを引き出しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です