「ドルチェグスト」「バリスタi」定期便でコーヒーマシンが無料!!

ネスカフェのコーヒーマシンと言えば、「ドルチェグスト」「バリスタi」が人気です。その人気のコーヒーマシンが定期便購入で無料でもらえるんです。

2つの特性を簡潔に言うなら、こんな感じになります
ドルチェグストはカプセルを使う本格派「レギュラーコーヒー」
バリスタiは粉を使うお手軽「インスタントコーヒー」

「ネスカフェドルチェグスト/バリスタi」は定期便が断然お得

ドルチェグストやバリスタiを購入する場合、コーヒーマシン本体を無料でもらえる定期便を利用したほうがお得です。

マシンがあっても当たり前ですが、専用粉コーヒー(バリスタi)や専用カプセルコーヒー(ドルチェグスト)がないと肝心のコーヒーは作れないので、それなら初めから定期便で購入してマシンも無料でもらったほうが断然お得です。

定期購入の方がコストパフォーマンスは良好です。

ただ、定期便のお届けは2ヶ月毎で、2年程度は継続が必要になりますので、そこまではちょっとういう人はマシンだけの購入にした方が良いかも知れません。

途中解約はマシン代金7,800円(税込)のお支払が必要になります。

ドルチェグスト

挽きたての豆を真空パック状態で密封してあるカプセルから本格コーヒーを抽出する事が出来るマシンです。コスト的にバリスタiより多少割高ですが、より美味しいコーヒーが楽しめます。

インスタントコーヒーのように粉を溶かすのではなく、レギュラーコーヒーマシンと同様に豆からコーヒーを抽出をします。また、宇治抹茶ラテやチョコチーノなどコーヒー以外にも簡単に作ることが万能マシンです。

「ドルチェグスト」を簡単にご紹介

  1. 厳選された、挽きたてのコーヒー豆をカプセルに密封。淹れたての香りと味わいを1杯ずつ堪能できます。
  2. コーヒー以外のメニューも豊富!14種類以上のカフェメニューをこの1台で出来る優れもの。
  3. 操作もアフターケアも驚くほど楽々簡単!カラフルで可愛らしくスタイリッシュマシンです。

バリスタi

バリスタiはインスタントコーヒーを利用してコーヒーを抽出します。
しかし、バリスタiはお湯でただ溶かすだけのインスタントコーヒーにあらず、圧力をかけて抽出するので、ただお湯で溶かし淹れるだけのものとは一線を画すコーヒーに仕上がります。

一杯あたりのコスパも抜群です。

ドルチェグストとバリスタiとのコスト比較

バリスタi 約20円程度
ドルチェグスト 約50円程度

「ネスカフェバリスタ」と「ネスカフェ ドルチェグスト」ではコストに違いがあります。

ネスカフェバリスタは作る事ができコーヒーも5種類あり、1杯あたり20円程度で自分でインスタントコーヒーを作るのと大差はなく、より美味く飲むことができます。

 ネスカフェドルチェグストは1杯あたり50~100円程度の価格です。本格的なブレンドコーヒーやエスプレッソを50円程度で楽しめるのでバリスタよりコスパ的には少々高くなりますが本格的な味わいを堪能できます。また、カプチーノやラテを100円程度のコストで飲める高性能コーヒーマシンという一面もあります。

コーヒーも14種類とバリエーション豊かです。本格的なコーヒーを楽しむだけでなく、多彩なバリエーションを堪能したいのであればネスカフェドルチェグストが断然おすすめです。

ドルチェグストはバリスタiの倍以上のコストがかかりますが、より美味しいコーヒーをお求めなら断然ドルチェグストです。高いと言ってもコンビニでコーヒーを買えば100円程度はするので、一杯50円程度で美味しいコーヒーが飲めるのであれば迷わずおすすめです。

ドルチェグストとバリスタiとのメニュー比較

ドルチェグスト:14種類(コーヒー以外のメニューも含む)
バリスタi:5種類

ドルチェグスト

ブラックコーヒーだけでなく、 その時の気分に合わせてカプチーノやティーラテ、チョコチーノ、宇治抹茶などを楽しむことができます。

バリスタi

基本メニューは「カフェラテ」「カプチーノ」「エスプレッソタイプ」「ブラック」「ブラック(マグサイズ)」の 5つになります。設定を細かく調整する事でオリジナルレシピを作る事が出来ます。

アプリ連携でお好みにカスタマイズ

このコーヒーマシンは優れもの。アプリをダウンロードして連携させると「カフェラテ」「カプチーノ」「エスプレッソタイプ」「ブラック」「ブラック(マグサイズ)」の5つの基本メニューから、コーヒーの量、水の量、泡立ちを細かく調整し、オリジナルレシピにカスタマイズできます。

ハイテク過ぎて段々ついていけなくなりそうな(^^;

ももうら

あとがき

どちらも美味しいコーヒーを飲めるという事では変わりはありませんがより美味しい「コクや深み」を求めるなら断然「ドルチェグスト」を選ぶべきでしょう。

また、コーヒーが苦手な人へも宇治抹茶なんか出すことが出来ますからね。

コスト重視でお手軽に楽しむなら「バリスタi」
少々コスト的には高くなるが 味にこだわるなら「ドルチェグスト」です。

マシンのフォルムは丸みを帯びた「バリスタi」が好みだなぁ!

ももうら

おわりです。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA