ネットショップを始めよう「サクネット」

今年は「脱マンネリ」母の日に贈るとっておきのフラワーギフト!

母の日は、普段なかなか言えない「ありがとう」を伝える大事なチャンス。
プレゼントを選ぶときは、ついついお母さんの顔を思い浮かべてしまうもの。

でも、ふと思い返してみると、毎年同じようなカーネーションばかり贈っているような…?

カーネーションがダメという訳ではないけど、今年は少し目先を変えていつもと違う贈り物をするのも良いかも。
もちろん「ありがとう」の 気持ちは何を贈っても変わらず伝えたいですね。

インパクト重視ならコレ!アッと驚く顔が見れたら最高です!

「今年はとっておきのフラワーギフトにしたい!」と考えいる人がいるなら要チェック!
いつもと一味違うフラワーギフトで、脱マンネリを目指しましょう!
そんな、母の日向けフラワーギフトをご紹介致します!

母の日のフラワーギフトなら幸せを運ぶ清楚で可憐な胡蝶蘭を贈りたい

まずは「母の日といえばコレ!」というくらい定番のカーネーションからご紹介です。

カーネーション

カーネーションの花言葉は、実は色によって違いがあります。

  • 赤は「母への愛」「母の愛」「感動」。
  • ピンクは「感謝」「暖かい心」「女性の愛」。
  • 紫は「誇り」「気品」「自信」。
  • オレンジは「純粋な愛」「永遠の愛」「清らかな思慕」。
  • 黄色は「美」「嫉妬」「軽蔑」。
  • 白は「尊敬」「純潔の愛」「真実の愛」。

こうしてみると、赤が定番の理由も分かりますね。
この色のカーネーションの花言葉知ってる?と、自然に会話も弾みそうです。
母の日シーズンのカーネーションアレンジメントには、色を複数使ったものが多いですが、たまには1色のカーネーションをいっぱい!というスタイルもおススメです。

あろき

お母さんの好みもあるけれど、基本的には単色でまとめて束ねるのがおすすめ!
母の日ギフトの定番!花鉢カーネーションの基本的な選び方のポイント

フラワーケーキ

ホールケーキサイズのキャリーデコ(ケーキボックス)に、花を盛り付けるフラワーケーキ。
箱もホールケーキ専用のものを使うことが多いのも、インパクト大になる要因です。
「ちょっとデザート買ってきたんだけど…」という前振りの後に開けたら、びっくりしちゃいますよね!
ずーっと見ていたらなんだか美味しそうに思えてしまうくらい。
甘いものが苦手なお母さんでも、このケーキならばっちりですね。

バルーンフラワー

風船の中にアレンジメントを入れた、ボリューム重視のフラワーギフト。
箱の蓋を開けると、まず風船がふわりと飛び出してきます。
ゆっくり版びっくり箱みたいな演出にもなり、記憶に残ること間違いなしでしょう!
キャラクターものの風船を添えられることも多く、お母さんの好きなキャラが見つかればとっておきのプレゼントに早変わり!
存在感のあるフラワーギフトをお探しであれば、バルーンフラワーはおススメです!

長く楽しんでほしいならコレ!親子の繋がりを感じそうなギフト!

プリザーブドフラワー

母の日の定番プレゼントでもある、プリザーブドフラワー。
長持ちするのが一番の利点で、そのまま飾れるのも魅力的。
他にも、色が豊富というメリットもあります。
自然には出来上がらない青や緑のバラの他、レインボーローズも有名になっていますよね。
時計や写真立てとセットになっているものもあり、アレンジは無限大です!

プリザーブドフラワーを綺麗に長持ちさせるための3つのコツ!

フラワーバッグ

その名の通り、鞄にお花を入れたのがフラワーバッグ。
お花を入れるのに向いている、逆三角形のミニバックであることが多いです。
壁や天井からかけて楽しむのがとても向いているので、室内でもお庭でも楽しめる代物。
お花を楽しみ終わったら、鞄の部分はそのまま小物入れとしても活用できちゃいます!
帽子やタオルが入るサイズ感のものを選べば、ちょっとした収納としても役立ちそう。
1つで2回おいしいフラワーギフトです。

参考 母の日におすすめ♡オリジナルフラワーバッグカオリノモリ

ガーデニング

ガーデニングが好きなお母さんなら、育てる楽しみ、食べる楽しみのフラワーギフトもアリ!
最近は、「栽培キット」というものも発売されています。

その種類は幅広く、ミニ盆栽やイチゴ、サボテンなど様々。
お母さんと同居している場合は、是非一緒に育ててみてくださいね。
もし遠方にお住まいなのであれば、「大きく育ったわよ!」なんて連絡がくるのが楽しみになるようなギフトです。

その花って美味しいの!?食べられるお花「エディブルフラワー」を食す

花鉢

こちらも同様に、自分で長く育てられるのがポイント。
切り花と異なり、長持ちもします。
定番のカーネーション鉢植えでもいいですし、アジサイ、クレマチスなど、種類は様々。

カーネーションは卒業!今年の母の日はミディー胡蝶蘭を贈ってみよう

中にはハーブなど食べられるものもありますね。
料理にもアレンジが出来るので、料理好きなお母さんにはハーブを選ぶのもいいかもしれません。

観葉植物

インテリアにこだわるお母さんなら、観葉植物もおススメです。
小さなものから大きなものまでサイズも様々。
新鮮な緑はお部屋を落ち着いて見せるだけでなく、目の癒しになったり、空気を綺麗にしたりもします。
縁起物としてもよく利用されるので、プレゼントには最適。
長くお家を見守ってくれる存在になってくれそうです。

まとめ

渡した瞬間の笑顔が楽しみ。今年の母の日は、とっておきギフトでいこう!

母の日といえばカーネーションではありますが、実は他にも色々なフラワーギフトがありますね。
せっかくなら、今年は「とっておき」のプレゼントを贈りたい。
そんな願いを叶えてくれるラインナップがたくさん揃っていましたね。

「最愛の妻へ」「大好きな彼女へ」とっておきのフラワーギフトの選び方

プレゼントを選ぶ時は、相手に喜んでもらえるか楽しみになるもの。
贈るこちらも嬉しいですが、貰う側もとても嬉しいはず。
子供から貰えるプレゼントはきっと何よりの宝物になるでしょう。

「いつもありがとう」という気持ちを添えるのを忘れずに!
感謝の気持ちをお花に乗せて贈ることが出来れば、素敵な母の日が迎えられそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です