「確定申告」顧問料を支払っても専門家にまかせるのが一番安心できる

3月だというのになんでしょうね?朝バタバタと来店はあったようですが、日中はかなり暇でした。年中忙しい訳ではありませんが、時期が時期なだけに何となく拍子抜けしてしまいました。

何年やっても仕事が切れて暇になったりすると少々不安になる。
貧乏暇なしが性に合っているようです。

ももうら

それでも忙しければ忙しいなりに暇なら暇なりにやるべきことは沢山あります。特にウチは客商売なので掃除や整理整頓はエンドレスで終わりなんてないという感じです。

清潔さはお店の大きなセールスポイントになるので大事ですね。

掃除!掃除!整理整頓!掃除!掃除!・・今日はそんな日だったのでしょう。

雑用を片付ける

個人的には確定申告の最終チェックをしていました。とは言っても税理士さんが持ってきたものをチェックしているだけで難しい作業ではなく納税額、消費税などの大まかな数字の確認です。

ももうら

事前に打ち合わせ済なので、ここら辺は要確認ってやつです。それはそうと僕は触っていもいなかったので何ら関係はありませんが、仮想通貨の確定申告がものすごく大変らしいですね。ウチの税理士さんの顧客の中にも仮想通貨をやっていた人がいたみたいで「かなり面倒ですよ」と苦笑いしていました。

無知なんですが、仮想通貨って儲かるの?

毎年今の時期にはもう提出済で完了となっているのですが今年は少々出遅れ気味です。
まぁ期日までに完了すれば申告そのものは何の問題もないので心配はしていませんが、それより来月の納税が出来るのかが物凄く心配です(^^;

げぇ~~~~ってな感じでその売り上げはどこに消えてしまったのだろうか(_ _;

ももうら

雑務完了

とりあえず後は税理士さんへ週明け早々にOKの返事をして完了です。
今は電子申告を利用しているので速攻で完了のようで昔のように郵送したり持参したりする手間が必要ないので凄く便利のようです。

起業したての頃は自分で確定申告をしていたので物凄く大変だったことを覚えています。

普段から領収書などの整理を怠っていたので、いざ申告書の作成を始める時はそりゃもうパニック寸前でした。
そもそも確定申告書の作り方なんて全然理解出来ていなかったので当然といえば当然の話です。

今は当時よりも少しは知識武装しているので、今やればスムーズにことが運べると思うのですが、実際は多少なりともお店の方が大きく(法人化)なって来ているのでいまの僕では手に負えないかも知れません。

やはりこういうものは餅は餅屋で高い顧問料を支払っても専門家にまかせるのが一番安心できると思います。

まぁ会社勤めの人には関係の話です。

あとがき

商売をして行く上で確定申告は必要不可欠なことなのでとりあえず面倒なことが一つ片付いたので良かったです。しかし脱税とかの不正があるので難しいのだろうが、なんかこうもっと簡単にすることは出来ないのだろうかと税理士さんへ丸投げしている分際で思うのですがどうなんでしょうね。

個人の申告なら日ごろから専門ソフトなんか使ってコツことやっておくといざという時にものすごく楽です。

そんな訳で雑用係の地味な1日の話でした。

終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA