ネットショップを始めよう「サクネット」

父の日に感謝の気持ちを込めて「ありがとう」のメッセージと共に胡蝶蘭を贈る

毎年プレゼント選びに悩んでしまうイベントの1つに父の日があると思います。
食べ物やお酒、リラックスグッズ、文房具やネクタイといったビジネス用品など、選択肢は多いものの、毎年同じようなものばかりになってしまって代り映えしない、という悩みがある方も多いのではないでしょうか。

そんな時に是非候補に挙げてほしいのが、フラワーギフト。
中でも胡蝶蘭を贈ると、お父さんの驚いた顔が見られるかもしれません。
胡蝶蘭には、父の日にピッタリのメッセージ性が豊富。
どんなメッセージを込めることができるのか、1つずつご紹介致します!

ネットで胡蝶蘭を買う場合、少々値段は高くても信用のおける店舗を選ぶことが大事

花言葉に込めるメッセージ

胡蝶蘭といえば、開店祝いやリニューアル祝いで店頭にずらっと並んでいるお花、というイメージではないでしょうか。
その認識の通り、お祝い事の場に最適な花として知られています。
そうした華やかな場にふさわしいとして胡蝶蘭が選ばれる理由の1つが、花言葉。
「幸福を運んでくる」という花言葉があり、大変縁起のいいお花でもあります。
人への贈り物として最適な理由も分かりますね。

他にも、青い胡蝶蘭には「愛」「尊敬」、黄色い胡蝶蘭には「活発」「幸運を呼び寄せる」という花言葉があります。
ビジネスシーンのみならず身近な人に贈る際にも重宝しそうですね。

花言葉「幸せが飛んでくる」胡蝶蘭はお祝いからお悔みまで用途問わず様々なシーンで対応可能なキングオブフラワーギフトです!

色に込めるメッセージ

花言葉にも少し関連してきますが、色に意味を持たせるのも効果的な手法の1つ。
特に、お父さんの年齢が節目を迎える年であれば、色味を工夫してみると面白いかもしれません。

一般的に、還暦は赤、古希・喜寿・傘寿・卒寿・米寿は紫、白寿は白がお祝いカラーとされています。
胡蝶蘭はカラーバリエーションが豊富で、比較的好みのカラーが選びやすいです。
定年退職などの年には、リップ系と呼ばれる紅白の色味がある胡蝶蘭も人気です。

※通称「赤リップ」と呼ばれる胡蝶蘭です。

お父さんにとって特別な年である父の日に、普段より感謝の気持ちを印象付けたい時は、色で気持ちを表現するのも新鮮でいいでしょう!

寿命の長さに込めるメッセージ

他にも多数のフラワーギフトがある中で、胡蝶蘭の特徴として挙げられるのが「寿命の長さ」です。
花が散ったり落ちたりしてしまっても、それで終わりではありません。
温度管理などに気を付ければ、家庭栽培でも10年くらい毎年咲き続けることもあります!

あろき

ただし、手間を惜しまないメンテナンスは必要です。

一般的なプレゼントの形である鉢植えのまま育てたとしても、1~2ヶ月程度咲き続けるのが一般的。
切り花だと1週間くらいで枯れてしまうこともある中で、この寿命の長さは貴重です。

「いつまでも健康で長生きしてね」というメッセージを込めて贈るお花として最適です!

花の見た目に込めるメッセージ

胡蝶蘭は、上品で華やかなイメージのあるお花。
その名の通り、蝶が舞うような優雅な印象を与えます。
形だけではなく、花弁の厚みもポイント。
ミニブーケやバスケットアレンジメントと異なり、ボリューム感を出すことが可能です。
大きくて肉厚な花びらは、自信に満ち溢れているような力強さを感じさせてくれるのではないでしょうか。

いくつ年を取っても、家族の中で大きな存在感を持つお父さんのイメージにはピッタリ。

カードに込めるメッセージ

鉢植えタイプであることが多い胡蝶蘭には、メッセージカードを立てかけやすいという利点もあります。
オプションでカードスタンドを用意しておけば、後は手近な用紙にメッセージを書くだけでOK。
「いつもありがとう」「Happy Father’s Day!」など、簡単な一言でも構いません。
お花が枯れてからもカードだけ手元に残しておく、という楽しみ方もできますよね。

気恥ずかしがらず、是非カードのプレゼントをすることもおススメします!

他のメリット

あえて胡蝶蘭をフラワーギフトに選ぶ理由がもう1つあります。
それは、圧倒的な「お手入れの手軽さ」です。

花瓶やプランターなどを必要としてないので、 プレゼントされた状態でお部屋等に置いてすぐに飾れます。

7~10日に1度お水をあげる、枯れてきた花びらを取ってあげる、くらいのお手入れでも、切り花と比較したら圧倒的に長く楽しむことができます。

開花時はさほど難しい管理は必要ないので、お花の世話が得意ではないお父さんでもOKなのは嬉しいポイントです。
花粉や香りも強くないので、リビングだけでなく寝室や書斎など、どんな場所に置くのにも適しています。

繊細な花だけど鑑賞期間は抜群に長い!胡蝶蘭の基本的な育て方のいろは

まとめ

いかがでしょうか。

父の日にフラワーギフト、しかも胡蝶蘭!というと、その豪華さに驚くお父さんの顔が浮かんできそうですよね。

ただ 、家をパッと明るくし、気分を上げてくれるのがフラワーギフトです。
胡蝶蘭であれば5,000~30,000円程度と金額帯も広いので、予算に合わせて贈ることも可能です。

また普段なかなか言えない「ありがとう」など感謝のの気持ちをメッセージカードなどに込めて贈れば、会話のきっかけにもなります。

是非、父の日にはフラワーギフトを検討してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です