50代は仕事観を変えて老後のライフスタイルを充実させよう

50代は40代の延長だと思っていませんか?確かに仕事をしていると人生の変化に気付きにくいものですが、老後、アクティブシニアになるためには50代からライフスタイルをシフトチェンジしていく必要があります。

今回は、50代の仕事立ちまわり方を中心に、50代からチャレンジできる副業についても解説します。

50代は老後を考えて早めに計画を

仕事をしている50代は、60歳になってもこのままバリバリ仕事がこなせそうだと感じる方も少なくありません。
定年制の年齢制限が企業では延びつつあるため、60代になっても同じ調子で働けるような錯覚をしてしまいがちなので注意が必要です。

多くの企業では60代になると、そのまま働き続けたいと希望を出しても、これまでのような働き方ではなく、60代は嘱託社員という立場に切り替えられ、初任給のような給与にまで収入が激減するのが現実です。

60代になって、激減する収入を前に対処の仕方が分からないという方が少なくありません。
60代またはその後の老後のライフスタイルを充実させるためには、50代からの準備が重要ポイント。仕事が忙しいからと言って、「退職したら〇〇しよう」などと考えていては遅いのです。
明日からでも、さっそくアクティブシニアを目指して動き出しましょう。

50代は老後の収入源の確保が重要!

60代になり嘱託社員の道を選ぶのか、転職を探すのかは難しい選択です。
どちらにせよ、50代は60代以降老後の収入源の確保を考えておかなければいけません。60代の稼ぎ方をチェックしてみましょう。

嘱託社員+副業

嘱託社員になった場合、減った収入をそれ以外で増やすには、副業を追加するという選択肢があります。
2018年1月に厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成し副業を容認してからというもの、副業を認める企業が増えています。
就業規則で認められている場合は、早めから副業の情報をチェックしておきましょう。
50代で経営に近い役職に就いている場合は、自身の老後のためにも、企業に今から副業OKになるよう働きかけておくのもひとつの手です。

転職する

どうせ収入が激減するなら、同じ職場ではなく新しいことにチャレンジしたい、定年より先も続けられる仕事を探したいと転職をする人も少なくありません。

「50代や60歳で退職してから転職できるの?」と不安に思う方もいるかもしれません。
転職率は高くはありませんが、転職できないわけではありません。
50代以降では、転職できる職種にも限りが出てくるため、しっかりと事前にリサーチしておくことが重要です。

在職中に転職の声がかかる場合は、前向きに話を聞いてみることをおすすめします。

50代からチャレンジできる副業の仕方3選

アクティブシニアとして、したいことを十分に楽しむには、目の前の収入が減ることは少々心もとないというのが現実です。
副業を本格始動させるのは定年退職後だとしても、今の時期から少しずつチャレンジしはじめておけば、いざというときに効率的に動けます。50代からチャレンジできる副業を紹介します。

アルバイトやパートで働く

副業の王道は、アルバイトやパートで働くことです。
例えば、土日の朝だけできる仕事を探したり、1日2~3時間程度のごく短い時間でできる仕事を探したりするのが一般的。
ワークライフバランスを重視して、本業に支障のでない働き方を優先して仕事を選ぶことがポイントです。

レギュラーバイトとして働くのであれば、ファミリーレストランのホールスタッフや、スーパーやコンビニなど小売店のレジ、清掃スタッフ、ポスティングスタッフ、工場スタッフなどが勤務条件に合致しやすいでしょう。
単発で働くのであれば、交通量調査や試験会場の試験監督、ドラッグストアや書店などの棚卸業務などがおすすめです。

経験を活かして収入を得る

50代からの副業では、専門的な知識やサラリーマン生活で得たスキルを活かして収入を得るのも最近人気があります。
なかでもプログラミングや外国語、コンサルティング業などの知識が豊富な場合は、講師のアルバイトをするのも良いでしょう。
専門的なスキルを活かしたアルバイトは、一般的なアルバイトよりも時給相場が高く、効率良く稼げるところもおすすめポイントです。

オンラインマーケット上で、自分のスキルを販売する副業スタイルもあります。オンラインマーケット上では、名刺のデザインや会社のロゴマークを考える、紙データをエクセルデータに落としこむ、レシートを会計処理するなどさまざまなスキルが販売されています。
軌道に乗るまでは収入は安定しませんが、リピーターが増えれば安定した収入が得られます。

所有物をシェア(レンタル)する

着物やドレス、ブランドバッグ、高級腕時計、アクセサリーなどをたくさん所有している場合は、それを普段使わないときに、使いたい人へレンタル(シェア)するサービスがあるのをご存じでしょうか。
なかには自室の空きスペースを貸し出したり、使っていない時間に車を貸し出したりする人もいます。

レンタル(シェア)サービスは、自分が働かなくても収入が得られることが魅力ですが、傷が付いた場合や紛失の補償などが、サービス会社によって異なるため、契約前に分からないことはきちんと解決しておくことが重要です。

50代は先を見据えたライフスタイルへチェンジするとき

50代は、まだまだ責任の大きい仕事をしている方も少なくありません。毎日が忙しく、将来のことを考える余裕や時間がない方も多いことでしょう。

しかし、今の仕事ばかりに打ち込み過ぎていると、将来退職したときに何をしたら良いかわからないということにもなりかねません。
バランスを見ながら、将来のことも考えたライフスタイルへ変化させていくことをおすすめします。

参照 厚生労働省「令和元年「高年齢者の雇用状況」集計結果」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です