アメリカンコーヒーってお湯で割って薄めただけのコーヒーなの?

アメリカンコーヒーなんて所詮、お湯で薄めたコーヒーだろうと思っていた時期がありましたが、これが意外や意外、焙煎の過程で色々変わってくるんですね∠( ˙-˙ )/

というか、今どき「アメリカンコーヒー」って言葉はあるのだろうか?死語??スタバに「アメリカンコーヒー」ってないし、そもそも今どきの子たちは「アメリカンコーヒー」なんて単語知らないよな(’A`|||)グスン

ももうら

アメリカンコーヒー

コーヒーは薄目(酸味が強い)が好きな方はたくさんいると思いますが、僕はガッンと来るくらいの濃い目のコーヒーが好きなので、俗に言うアメリカンコーヒーと呼ばれる薄く酸味の強いコーヒーは基本的に好きではありません。

薄いといってもお湯で割っただけのコーヒーを指している訳ではありませんよ。浅く焙煎したコーヒーはちょっと好みではないという事です。

浅く焙煎したコーヒー

アメリカン・コーヒーを簡単に説明すると、浅く焙煎したコーヒー豆で作ったコーヒーとなります。特別なアレンジをしているわけではない普通のコーヒーです。

熱いコーヒーをお湯などで割って薄めたものをアメリカンコーヒーと考えがちですが、似ているのは薄いというところだけで、厳密に言えば浅い焙煎したコーヒーがアメリカンコーヒーという位置づけになります。

浅煎りのアメリカンコーヒーは豆本来のよい香りとスッキリした味を楽しむことが可能なので軟水を利用することが望ましいと言われています。 ちなみにアメリカンコーヒーとは和製英語です。

英語では「weak coffee」となるそうです。  

コーヒー豆の焙煎について

焙煎とは?
コーヒー豆を乾煎りすることで、焙煎のことをローストとも呼ばれます。 コーヒーの生豆の段階では、まだ味も香りもなく、これらを焙煎することによって風味が生まれます。 コーヒー豆を浅く煎ると酸味が強くなり、深く煎ると苦みが強くなりる傾向にあります。焙煎の強弱によって、浅煎り、中煎り、深煎りと分類されます。

おおよそ8段階に分類することが出来ます。

ライトロースト かなり浅煎り
シナモンロースト 浅煎り
ミディアムロースト 浅めの中煎り
ハイロースト 中煎り
シティロースト 深めの中煎り
フルシティロースト 浅め深煎り
フレンチロースト 深煎り
イタリアンロースト 深め深煎り

この焙煎というものは、コーヒーの生豆を“煎る”という行程も含まれていて、その焙煎度合いによってコーヒーの味が苦味や酸味が強くなったりと味わいが変わっていきます。

参考程度にですが、意外にもカフェインの量は浅い焙煎(アメリカンコーヒー)の方が強く含まれると言われています。ということは目覚めのコーヒーはアメリカンコーヒーが最適という事になりますね。

コーヒーを飲むことで目が覚めると思っているのは脳が誤作動しているから
個人的には酸味があまり好きではないので「ライトロースト」「シナモンロースト」等の浅煎り焙煎は何回も言いますがどうも苦手です。

ももうら

アメリカンコーヒーらしきものを飲んだ感想

結構、量を増やして飲んでいますが、適量だと僕にはやっぱり薄く感じます。コスパ的にはこちらも文句なしですが、この価格帯のコーヒーにどこまで求めるかというところでしょうか。

あとがき

個人的にはアメリカンコーヒーと言われるものは殆ど飲みません(いえ、たまには飲みます)が、究極、好みの問題でしょうか。

今回、試しに買って飲んでみたのですが、やっぱり好みではありませんでした。コスパ重視で買ってみたので、選んだものがどうなのかという疑問は残りますが、興味のある方は一度お試しあれ٩(•́д•̀)۶

終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA