敬老の日に管理しやすい胡蝶蘭のフラワーギフトを贈ってみよう!

9月の敬老の日、皆さんはおじいさんやおばあさんにどのようなプレゼントを贈っていますか?
おじいさん、おばあさんと一緒に暮らしている人も、普段遠方に住んでいてなかなか会えない人も、この日には感謝の気持ちを込めて何かお祝いしたいですね。

いろんなプレゼントがあると思いますが、敬老の日に胡蝶蘭のフラワーギフトはいかがでしょう。

胡蝶蘭はビジネスでのフラワーギフトとして人気のお花ですが、お花の縁起の良さ、上品さなどから最近では個人向けのフラワーギフトとしても幅広く用いられています。

今回は敬老の日に贈る胡蝶蘭のフラワーギフトについて紹介したいと思います。

敬老の日を祝うタイミングは?

具体的な線引きがあるわけではありませんが、60歳が還暦であることから、60歳~が敬老の日に祝われる対象の目安になります。
自分にとっておじいさん、おばあさんだけでなく、年老いたご両親が祝われる日でもあるので、対象年齢を把握しておくと良いでしょう。

当然ですが、フラワーギフトは当日に届くよう手配したほうが良いですね。

敬老の日に贈る胡蝶蘭の品種は?

胡蝶蘭は大輪、中大輪、ミディなどいろんな大きさの品種があります。
敬老の日に贈る胡蝶蘭のサイズに特に決まりはないので、置く場所に困らなければ大輪でも良いですし、置く場所がない、狭い場合は場所を選ばないミニ胡蝶蘭も良いと思います。
本数は3本立てや5本立てが一般的なので、予算に合わせて選びましょう!

コンパクトサイズでも花持ちはビックサイズ!ミディ胡蝶蘭が選ばれる理由

敬老の日に贈る胡蝶蘭の色は何色?

敬老の日に贈る胡蝶蘭の色は、状況に応じて選ぶことが出来ます。
贈られる相手の好みに合わせても良いですし、長寿祝いの色に合わせて贈ることもできます。

敬老の日だからあえて地味や渋めのカラーより華やかで優しいお花を贈りたい

長寿祝いの色合い

  • 60歳 還暦 赤
  • 70歳 古希 紫
  • 77歳 喜寿 紫
  • 80歳 傘寿、八十寿 黄色
  • 88歳 米寿 黄色
  • 90歳 卒寿 白
  • 99歳 白寿 白
  • 100歳 百賀、百寿、上寿、紀寿 白
還暦祝いの贈り物はもう迷わない!とっておきのフラワーギフトを紹介

胡蝶蘭の花言葉は「清純」「幸福が飛んでくる」

いつまでも元気で、幸せでいて欲しいという願いを込めるのなら、縁起の良い花言葉を持つ胡蝶蘭を敬老の日に長寿祝いとして贈りましょう!

因みに、敬老の日に贈る胡蝶蘭は華やかな色合いのものが好まれます。純白の胡蝶蘭も良いですが、”色付き”と呼ばれる赤、ピンク系がおススメです。

花言葉「幸せが飛んでくる」胡蝶蘭はお祝いからお悔みまで用途問わず様々なシーンで対応可能なキングオブフラワーギフトです!

敬老の日に贈る胡蝶蘭の相場は?

敬老の日を祝う胡蝶蘭の相場は5,000円~15,000円ほどが目安です。
もちろん上記の金額から多少前後しても問題ありません。
日頃お世話になっている場合などは、そのお礼としてもう少し高めのフラワーギフトでも良いと思います。

立て札やメッセージカードは?

せっかくの胡蝶蘭のフラワーギフトなので、付けられるのなら立て札も付けて贈りましょう。立て札は無料サービスしているところも多いので、手配時にお店に依頼すると良いでしょう。
また、メッセージカードはハガキサイズのものに感謝の気持ちを書いて添えましょう。

  • いつまでもお元気で、楽しい日々を過ごして下さいね。
  • いつまでもご壮健であられますよう、お祈り申し上げます。
  • おじいちゃん、おばあちゃん、いつまでも元気でいてね!

こんな感じの文章を参考に、伝えたい気持ちをそのまま表すのが一番ですね!

もちろん、立て札やメッセージカードを添えず、お花だけ贈ることもできますが、それだけだと素っ気なさすぎるので、一言でも良いのでメッセージカードも添えてみましょう。

ただ身内なのでそこまでは・・と思う方はお花だけでも十分だと思います。

あろき

仕事関係の贈り物とは違いますからね。

胡蝶蘭は管理しやすい?

胡蝶蘭は管理もしやすいので、年老いたご両親や祖父母に贈っても負担になることはありません。
胡蝶蘭が好む温度は18度~25度なので、人が快適に生活できる温度であれば胡蝶蘭も快適に過ごすことが出来ます。

また、胡蝶蘭は直射日光に弱く、日光はそれほど必要ないので間接的に日光の当たる場所であればどこでも大丈夫です。
水やりも、1~2週に1回程度でちょうど良いです。時期によって必要な水やりの回数が違うのですが、春や秋には2週に1回、夏は週1回、冬は3週に1回のペースで構いません。

胡蝶蘭のお花は管理上体にもよりますが、1ヶ月から最長で3ヶ月程度ほど咲きますが、お花が散った後でも実はまた咲かせることが出来ます。
株さえ生きていれば購入した時ほどではないですが、1年のうちにどこかでお花が咲くことがあり、また長い時は何十年も生きるので、長寿の意味でも敬老の日に相応しいお花と言えますね。

あろき

寒さを嫌うので温度管理だけは注意してください。
繊細な花だけど鑑賞期間は抜群に長い!胡蝶蘭の基本的な育て方のいろは

敬老の日まとめ

今回は、敬老の日に贈る胡蝶蘭のフラワーギフトとその管理について簡単に紹介しました。

「敬老の日に贈りたい花」いつまでも元気でいて欲しいから感謝を込めて

ビジネスでのフラワーギフトとしてよく用いられる胡蝶蘭ですが、優雅で上品な雰囲気や手ごろな値段から、最近では身内へのフラワーギフトとしても人気が高まっています。

殺風景な部屋でも小さな胡蝶蘭の鉢が一つあるだけで、ずいぶん雰囲気が変わりますからね。

敬老の日、ご両親やおじいさん、おばあさんに管理しやすい豪華な胡蝶蘭をプレゼントして、胡蝶蘭のようにいつまでも若く元気で過ごして頂いてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です